川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 動物病院 ―

くらた動物病院(高津駅・フェレット)の病院情報ページ

くらた動物病院

高津区/二子/高津駅

  • フェレット
  • ウサギ
  • ハムスター
  • その他
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
お知らせ WEB
予約
電話 044-814-5521
所在地 神奈川県川崎市高津区二子5-3-6
最寄駅 高津駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://www.kurata-vet.com/
休診日 水曜・日曜午後・祝日午後
診療時間 10:00~12:00 16:00~19:00
特徴
  • ●日・祝日診療可
  • ●男性医師
倉田 英樹 院長

KURATA HIDEKI

倉田 英樹 院長

フェレットなどエキゾチックアニマルも診療 地域に根差して、安心の医療を提供する

倉田 英樹 院長への独自インタビュー

父と同じ獣医師になり、自らの専門性を高めていく

私の父が小動物の臨床医でした。私は物心つく頃から、動物たちの側を離れず診療を続けている父の姿を見て育ったのです。子どもの頃から具体的に知っている唯一の職業が獣医師だったというわけで、きっかけとなりますとやはりその部分になるでしょうね。
でも、小学生の頃は他の子と同じようにパイロットになりたいという夢も持っていました。獣医師という身近な存在も同時に意識してのことでしたが、それでも色々と本を買ったりして、小学生なりに勉強はしていたんですよ(笑)。
大学を卒業後、都内や神奈川県内の一般病院に勤務しました。のちにフェレットの診療に重点を置いた動物病院を開業したのは、当時の勤務先である病院がフェレットの診療を開始したことに大きな関係性があります。そちらの病院が移転することになり、私を頼りにしてくださっている飼い主さんから後押しを受け、2004年の4月にこの高津で『くらた動物病院』を構えるに至りました。

犬・猫はもちろん、フェレットなどエキゾチックアニマルも診療

ワンちゃんやネコちゃんを始めとして、ほ乳類全般を診療対象とさせていただいていますが、なかでも「フェレットを診ている」ということから、いわゆるエキゾチックアニマルを診る機会が多いというのが病院の特徴ともなっています。フェレットに関しては、自分の口から言うのははばかられますけども(苦笑)、二次診療施設として、飼い主さんの思いにしっかりと応えていかなければならないという使命感を持っています。
「副腎疾患」「インスリローマ」「リンパ腫」 この3つがフェレットの三大疾患と呼ばれる代表的なものです。このうち副腎疾患は、端的に申しますと副腎の腫瘍が原因で毛が薄くなってしまう病なのですが、一見、皮膚病のようにも見えます。昔に比べれば副腎疾患と気づくケースも増えてきましたが、いまだ皮膚病と診断され、1年以上診療を受け続けた挙げ句に当院に転院してくる場合も少なくありません。
フェレットを診た経験の少ない獣医師は、根っこの部分で診断の方向性を間違いかねないということがあります。当院では10数年に渡る臨床経験に基づいた知識と技術を活かし、皆様のご期待に応えていきたいと考えています。

続きを読む→

当院は、『ペットを診ながらその後ろの飼主様を看る』という方針を掲げ、日々の診療を行っております。
具合の悪いペットを抱えて不安な気持ちでいっぱいの飼主様の心が少しでも癒されるように、私たちスタッフ一同は最大限の努力を惜しみません。
飼主様を不安にさせる原因の最大のものは、具合の悪いペットの病状がどうしてなのかわからないことであり、どうなるのかわからないことであると思います。

具合の悪いペットに一体何が起きているのか、原因は何なのか、治療法はどうすればよいのか、使用するお薬はどのようなものなのか、手術などの外科的な治療が必要とされるのか、入院が必要とされるのか、治療の結果どのような状態になることが予想されるのか、

などなど、病気の治療を行うに際して私たちが説明すべき点は非常に多岐にわたります。
これらの事柄を丁寧にわかりやすく、飼い主様が納得がいくまで御説明差し上げることが何より重要であると考えます。

高津区二子5-3-6

高津駅

高津駅西口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):1分58秒

グラフで見る『倉田 英樹 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より