川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 獣医師―

宮崎 達秀 院長/たちばなペットクリニック(溝の口駅・犬)の院長紹介ページ

宮崎 達秀 院長

MIYAZAKI TATSUHIDE

安心の医療と丁寧な説明を心がけ
街に暮らす動物たちの「かかりつけ医」に

大学卒業後、勤務医を経て、アメリカへの留学を経験。帰国後は、救急医療などにも携わり、「溝の口駅」そばに開業。

宮崎 達秀 院長

宮崎 達秀 院長

たちばなペットクリニック

高津区/新作/溝の口駅

  • ●犬
  • ●猫

自らのスキルを高めるために、2年間のアメリカ留学を経験

宮崎 達秀 院長

実家ではずっと犬を飼っていましたので、動物に対する馴染みがあったことがひとつですね。あと、父が電気工事の職人だったのですが、その父の姿を見て育ったせいか机に座っての事務作業ということより、手や身体を動かす仕事に就きたいと考えていました。手に職ということで獣医師という職を選んだ経緯があります。
高校生までの私は典型的な現代っ子といいましょうか、特別に何かやりたいことがあるというわけではなかったんです。自分に馴染みのあるものを選択した先にあったのが獣医師だったというのが正直なところだと思います。
その意識が変わったのが大学を卒業して一般の動物病院で勤務をし始めてからのことです。周りの先生方や動物病院を取り巻く状況を見るうちに「いままで通りではこの先・・・」と考えるようになりました。「何か秀でたものがなければ」という一種の危機感や渇望感に迫られるような形でアメリカに渡ることを決めたのです。
とはいえ、英語が堪能なわけでもなく、伝手があったわけでもありませんから、イチから手探りで始めたアメリカ修行となりました。あちらでは動物外科専門病院で合計で2年ほどの月日を過ごしたのですが、最初の半年ほどは無給で、その後に晴れて研修生として勤務したのもあちらの好意とこちらの執念の結果だったように思います(笑)。高校生までの私には考えられないことでしたね。
アメリカでは整形外科を中心に、多岐に渡る疾患を診てきました。ほとんどが犬・猫でしたが、なかには熊やニシキヘビといった動物を診る機会もありましたね。アメリカ人はチャレンジャーなところがあって、具合が悪ければ5メートルを越えるようなニシキヘビでも果敢に手術に挑みます。後から考えてみれば、貴重な経験となりましたね(笑)。
日本に帰国後、夜間救急動物医療センター等での勤務を経て、2011年に『たちばなペットクリニック』を開院致しました。ワンちゃん、猫ちゃんたちがより長い時間を健康にご家族と過ごせるよう力を尽くしていきたいと思っています。

飼い主さんに不安が残らないよう、丁寧に言葉を尽くす

宮崎 達秀 院長

全てをクリアにするということが基本となり、なおかつそれをわかりやすく飼い主さんにお伝えすることだと考えています。アメリカでも日本でも獣医学は急速な進歩を遂げており、この病気であればこの治療で、どのくらいの治療期間が必要かがデータとしてわかるようになってきました。
当然、治療をお示しする上では検査が必要なことも出てきますが、その費用も含め、全てを曖昧にすることなく飼い主さんと相談の上で治療を進めていくということを心掛けています。

目で見てわかりやすい説明を心がけ、飼い主さんの理解を深める

宮崎 達秀 院長

診療をよりクリアなものとするため、各種の診断ツールを揃えています。そのひとつが『ビデオ検耳鏡』です。動物たちの耳の中をモニターを診ながら飼い主さんと一緒に診れることで、より状態をわかりやすくご説明することが出来ます。動物たちは言葉でコミュニケーションをとることが出来ませんから、保護者である飼い主さんに現在の状態を実感していただける工夫が必要だと思っています。

私が考えていることを理解していただくために、手術の手順をアニメーションで説明出来るソフトも導入しています。この子の膝が現在どういう状態で、この処置をとることによってどういう状態に戻せるかを順を追ってモニターで説明していきます。
何が起こり、何をおこなおうとしているのかを飼い主さんにご理解いただくことが何よりも重要なことだと考えています。

最先端の技術を取り入れながら、より質の高い医療を提供する

街のかかりつけ医として全ての疾患をくまなく診るスキルが求められます。私の場合は膝の手術を主に専門としてますが、膝以外で特に専門性を必要とされるものについては大学病院等の専門機関とスムーズな連携をとる必要が生じてきます。
私が夜間動物医療センターで勤務していました際には提携病院との間をクラウドで結ぶシステムが実用化されていました。煩雑な手続きを経ることなく迅速に診断結果等を送ることが出来るシステムですね。いずれ全ての病院でこうしたシステムが導入される日も遠くないとは思いますが、患者さんのために良かれと思うことには積極的に取り入れていきたいと考えています。

これから受診される飼い主さんへ

差し出がましいようですが、ワンちゃんやネコちゃんを飼い始めるきっかけの一つとして、動物保護センターを一度見に行っていただければと思います。ペットを飼う方が増えるに従い、やむを得ず処分に至るケースが増加しているという辛い現実があります。ペットショップをご利用されるのももちろん良いのですが、そうした施設で動物たちの里親となっていただくことも考慮していただければ幸いに思います。

動物病院はお金が掛かるというイメージをお持ちの方が多いと思われます。結果としてその躊躇や遠慮が状態を悪くすることにつながりかねません。人の医療では患者さん毎に治療の選択が違って来ると思いますが、ペットの医療に関しても同じ事が言えると思います。ただ、まず今の状態を把握して飼い主さん御自身の心配を和らげる為にも気になることがあれば早めにご一報頂ければ幸いです。当院では飼い主さんの負担を少しでも軽減すべく、検診に掛かる費用のご相談やペット保険等も扱っております。
この街の動物のかかりつけ医として、病気のみならずあらゆるご相談を受け付けております。どうぞお気軽にお越し下さい。

※上記記事は2011年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

宮崎 達秀 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:スキー、バスケット
  • 好きな本:歴史小説/司馬遼太郎、池波正太郎
  • 好きな映画:アクション映画
  • 好きな言葉・座右の銘:「事を始める前は徹底的に準備する」「してみせ 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ」「果報は練って待て」
  • 好きな音楽・アーティスト:サザンオールスターズ、大黒摩季/アメリカンポップス
  • 好きな場所・観光地:山沿いの鄙びた場所/阿蘇(熊本県)

グラフで見る『宮崎 達秀 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION