川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 獣医師―

佐藤 典子 院長/たま動物病院(稲田堤駅・犬)の院長紹介ページ

佐藤 典子 院長

NORIKO SATO

自分の大切なペットを治療するように
動物たちと飼い主さんに寄り添っていく

麻布大学大学院修士課程を修了後、外科を中心に幅広く研鑽を積む。1985年、「稲田堤駅」そばに開業。

佐藤 典子 院長

佐藤 典子 院長

たま動物病院

多摩区/菅北浦/稲田堤駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●ウサギ

自分の愛犬を治療するように、最高の治療を提供したい

佐藤 典子 院長

小学生の頃は弁護士や検事になりたいと思っていたのですが、高校生になると急に文系より生物や生命に対して興味がわいたんですね。子供の頃から、自分で犬を飼いたいと思いながら叶わず、それならば自分が獣医師になろう、と(笑)。そんな風に考えて、麻布獣医科大学(現、麻布大学)に進学しました。
大学時代から臨床(診療)に興味を持っていて、外科と内科の研究室に籍を置いて研鑽を積みました。私はもともと、自分の愛犬が最高の治療を受けられるように獣医師になったわけですので、これまでずっと臨床(診療)ひと筋でやって来たんです。そして、自分の責任のもと、自分の考えで診療していくために、『たま動物病院』を開設いたしました。

開業から30年あまり、動物たちと飼い主さんに寄り添いながら診療を続ける

佐藤 典子 院長

1985年の開業当初は、10坪にも満たないスペースで診療をはじめました。その後、徐々にスペースを広げ、ここへ移転して来たのは2002年です。自分の大切な家族の一員を連れていくなら…と思いを巡らせ、こだわりをもって病院づくりを進めてきました。地域のランドマークになるようにと考えて、建物壁面に犬の足跡をあしらったり、美容室や小児科クリニックのようなイメージで、ここにやって来ることが楽しくなるような雰囲気づくりを心がけたつもりです。
院長である私をはじめ、他2名の信頼出来る獣医師、動物看護師みんなが女性であることも当院の特徴の1つ。女性ならではの心配りで、話をできない動物たちの気持ちをくみ取り、飼い主さんと動物たちに寄り添った診療をおこなっています。こうして開業から30年あまり診療を続けていますと、動物たちのことに加えて、飼い主さんご自身のご相談を承ることも増えてきましたけれど(笑)。当院を頼りにしてくださっている方がいらっしゃることは、日々診療する上で大きな励みになっています。

傷口だけでなく見えないところにこだわる手術

佐藤 典子 院長

大学の頃から動物を治す臨床が好きで、特に外科については自分なりにスキルを磨いてきました。とは言え、私は何か1つの分野に特化するのではなく、さまざまな症状に対応できる「総合診療医」でありたいと思っています。この病院で対応できる病気については責任をもって治療にあたり、必要な場合には大学病院、専門医などへご紹介させていただく、そうすることで私達自身もさらにレベルアップできると考えています。
動物たちの病気を幅広く診る一方で、私はやはり外科手術には強いこだわりがあります。可愛いペットたちには、いつまでも可愛いままでいて欲しいですからね(笑)。傷口はなるべく目立たないように美しく仕上げるというのはもちろん、その後の生活を少しでも快適に過ごせるようにと考えながら手術をします。また、犬種によっては、手足の冷えが命にかかわるケースもありますので、体温を保つために両手足に靴下を履かせる場合もありますね。こうした小さなことを1つ1つ積み重ねることが、手術の安全性の向上はもとより飼い主さんに喜んでいただけける結果につながれば嬉しく思います。

動物たちと飼い主さんのため、精一杯力を尽くす

飼い主さんはそれぞれ、お仕事をされていたり、子育てに忙しかったりと生活スタイルが異なり、治療に対するお考えもさまざまです。たとえ費用面の負担が大きくなっても、できる限りの治療をしてあげたいと考える方もいれば、高額な治療を望まない方もいらっしゃるでしょう。そのため、診察の際には、ペットたちの様子についてだけでなく、飼い主さんのお気持ちなども丁寧に伺うようにしています。そして、飼い主さんが希望される中で最高の治療ができるよう、精一杯力を尽くしたいと思います。
動物たちにも飼い主さんにも大きな負担をかけずに治療するためには、病気を早期に発見することがとても大事です。とは言え、外に出る機会の少ない猫については、連れ出すことが難しいと感じていらっしゃる飼い主さんが多いようなんですね。「さすがにおかしい」と思って受診なさったときには、症状がずいぶん進んでしまっていることが多く、十分な治療をしてあげられずに心苦しい思いをするケースが多々あります。当院には、血液検査や超音波検査、、精度の高いレントゲン検査ができる設備も整っていますし、早い段階で病気を見つけられれば、できる治療もたくさんあるのです。可能であれば元気なときから顔を見せていただきたいですし、定期的に健康診断や体重チェックをして、小さなサインに早く気づけると良いですね。まずはお気軽に連れて来られる方法から電話で相談して頂ければと思います。

これから受診される患者さんへ

『たま動物病院』は、府中街道沿い、「稲田堤駅」から歩いても5分ほどの場所にあります。
私は、自分の愛犬に最高の治療をしたいと獣医師になり、大切なペットを安心して連れて行かれる病院をめざして『たま動物病院』を開設しました。私を含めてすべてのスタッフが、動物たちと飼い主さんに寄り添う気持ちをもち、本当にご満足いただける結果が得られるようにベストを尽くします。病気を早期に発見し、早期治療につなげるためにも、何か気になる様子が見られましたら、お早めにご相談ください。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐藤 典子 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:写真、ミュージカル鑑賞
  • 好きな本:なんでも読みます
  • 好きな映画:ミュージカル映画
  • 好きな場所:美術館
  • 好きな言葉・座右の銘:禍福は糾える縄の如し

グラフで見る『佐藤 典子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION