川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

阿部 能明 院長/阿部医院(川崎駅・内科)の院長紹介ページ

阿部 能明 院長

YOSHITAKA ABE

戦前から続く歴史ある医院の3代目として
地域の「ゲートキーパー」の役割を果たす

北里大学医学部を卒業後、胸部外科を専門に研鑽を積む。大学病院や総合病院で経験を重ねるほか、アメリカ留学を経験。その後、祖父の代から続く医院を引き継ぎ、院長に就任。2017年に建物全体をリニューアルして、現在に至る。

阿部 能明 院長

阿部 能明 院長

阿部医院

川崎区/貝塚/川崎駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●アレルギー科
  • ●外科
  • ●胃腸内科
  • ●呼吸器内科
  • ●消化器内科

開業から90年続く、歴史ある医院の3代目として

阿部 能明 院長

『阿部医院』は、1929年に私の祖父が開設しました。当時は外科の病院でしたから院内には手術室もあり、私の遊び場はもっぱら手術室の中、という感じでしたね(笑)。小さな頃から医療が身近なところにあり、また、私自身も手先が器用なところがありました。たしか小学4年生のときだったと思いますが、全日本プラモデルコンクールで金賞をいただいたこともあるんですよ(笑)。パイロットになることを夢みた時期もありましたけれど、私がこうして医師になったのは、考えてみると自然な流れだったのかもしれません。
大学卒業後は祖父や父と同じように外科を希望し、胸部外科を専門に研鑽を積みました。当時は心臓や肺の手術を担当することも多く、20日間病院に寝泊まりするような生活を送っていたものです。循環器や呼吸器の病気を中心に診療を続ける中、移植について学ぶためアメリカ留学をした時期もありました。そうした経験をふまえて2003年、父から医院を引き継いで3代目院長となり、地域に密着した診療を続けています。

呼吸器・循環器の病気を中心に、幅広い診療をおこなう

阿部 能明 院長

戦前からの建物は戦争で焼けてしまい、その後も何度か建て直しをして、2017年には4度目のリニューアルをしました。近年頻発する自然災害に備えて、何かあったときにも地域のみなさまを受け入れられるように耐震性を重視しつつ、一方で病院らしくないリラックスした雰囲気づくりを心がけました。イメージとしては、かつて私が診療していたロングアイランドの病院のような感じで、細部にもこだわりながら癒しの空間に仕上げました。
来院される患者さんは近隣にお住まいの方が中心で、私が呼吸器や循環器を専門にしていることを調べてお越しになる方も多いですね。とは言え、自分の専門分野のみならず、小さなサインを見逃すことなく適切な医療につなげられるよう、地域の「ゲートキーパー」の役割をしっかり担っていきたいと考えています。

症状を正しく見極め、お1人お1人を適切な医療につなげる

阿部 能明 院長

診察の際には、患者さんが発する小さなサインを見逃さないようにしています。私の目の前にお座りになるまでの歩き方や表情、話し方などにも目配りをして、何か気になることがあれば検査をするなど、次のアクションにつなげます。長くお付き合いが続く患者さんの場合は、お元気なときの様子がしっかりとインプットされていますので。ご本人も気づいていないような、ちょっとした異変も感じ取ることができるのです。
実際にこれまでも、患者さんの様子に「おかしい」と感じて、その場で大きな病院をご紹介したことが何度もありました。その後、脳梗塞が判明して緊急入院になった、というケースも少なくないのですが、脳梗塞などは早い段階で治療できれば、ふたたび元の生活に戻れる可能性が高い病気なんですね。つい先日も、「すっかり元気になりました」と、患者さんがお礼にいらしてくださいましたが、患者さんお1人お1人を適切な医療につなげることこそ、ゲートキーパーの役割なのだと思います。

これからも地域に根差して、安心の医療を提供していく

駅前に建つビルに入っているようなクリニックと違って、私はこの場所で診療し、ここで暮らしているわけです。人々が暮らす町の中に24時間・365日医師が常駐しているという、地域密着型の医療を続けていることが当院のいちばんの特長なのかもしれません。
週末に外出すると、出先から車が戻ったことを確認したかのように、患者さんからお電話をいただくことも少なくありません(笑)。さすがに最近は、夜間に「ピンポン」と押されることはずいぶん減りましたけれど。「ここに来れば診てもらえる」と、地域のみなさまに安心感を与えることが出来ているなら嬉しいですね。

これから受診される患者さんへ

『阿部医院』は、「川崎駅」から歩いて15分ほどの住宅地にあります。医院には2台分の駐車スペースをご用意しておりますので、お車の方はこちらをご利用ください。私からお伝えしたいのは、「ご自分の健康は自分で守る」という意識をもって欲しいということ。たとえば、ガンなどは早期に発見して治療できれば、100%の治癒が期待できます。ですから、病気の早期発見・早期治療のためにも、ぜひ定期的な健康診断を心がけていただきたいのです。川崎市では40歳を過ぎた方に向けて、各種健診の受診票をお送りしているはずですから、ぜひ積極的に受診していただきたいですね。そして、もしも体調に不安を感じたり、気になる症状がありましたら、どうかお早めにご相談ください。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

阿部 能明 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:車、ゴルフ、射撃
  • 好きな本:SF(宇宙系が好きです)
  • 好きな映画:スタートレック
  • 好きな言葉・座右の銘:色即是空
  • 好きな音楽アーティスト:ソウル系(70~80年代)
  • 好きな場所・観光地:島

グラフで見る『阿部 能明 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION