川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

河野 一樹 院長/ナビタスクリニック川崎(川崎駅・内科)の院長紹介ページ

河野 一樹 院長

KOUNO KAZUKI

平日夜9時まで小児科・内科・皮膚科を診療
地域住民の健康を守る、駅ナカのクリニック

新潟大学医学部医学科を卒業後、慶應義塾大学医学部の小児科へ。小児科専門医として、大学病院や関連病院で経験を重ねる。現在は、『ナビタスクリニック川崎』の院長として、子供たちやご家族みなさんの診療にあたる。

河野 一樹 院長

河野 一樹 院長

ナビタスクリニック川崎

川崎区/駅前本町/川崎駅

  • ●内科
  • ●小児科
  • ●皮膚科

「人の役に立ちたい」という気持ちから、小児科医として研鑽を積む

河野 一樹 院長

私は、医師の家庭に育ったわけではありませんし、自分のまわりに医療関係者がいたというわけでもありません。ただ、漠然とではありますが「人の役に立ちたい」という気持ちをずっと持っていて、高校生になって自分の進路を決める時期に医学部受験を決めました。
大学卒業後は、慶應義塾大学医学部の小児科に在籍し、大学病院や関連病院で診療を続けてきました。その後、当クリニックの理事長である久住先生にお声かけをいただいたのがきっかけで、『ナビタスクリニック川崎』の院長になったんです。

平日夜9時まで診療、どなたにも通いやすい駅ナカのクリニック

河野 一樹 院長

『ナビタスクリニック』は川崎のほかに新宿、立川と、首都圏に3つのクリニックを展開しています。どのクリニックに共通するコンセプトは、医療を必要とされる患者さんの立場で考えた診療をおこなうこと。毎日忙しく働くビジネスパーソン、お子さんを保育園に預けて働くママさんたちにとって、受診しやすいクリニックでありたいと考えています。
ここ川崎のクリニックは、「川崎駅」に直結したアトレ川崎の8階にあり、平日は朝10時から夜9時まで、土曜日も午後5時まで診療しています。駅からは、雨の日も濡れずにお越しいただけますし、インターネット・パソコン・携帯電話からのご予約は、24時間受け付けていますので、何かお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

小児科・内科・皮膚科を中心に、地域のみなさまの健康をサポート

河野 一樹 院長

『ナビタスクリニック川崎』では、私の専門分野である小児科をはじめ、内科、皮膚科を中心に診療しています。また、お仕事で海外赴任される場合など、赴任先の地域にあわせてワクチン接種をしたり、医療情報などをご提供する「トラベルクリニック」もおこなっていますのでご相談ください。
小児科・内科・皮膚科と3つの科を通して、子供から大人世代までご家族みなさんで通っていただけることは、当院の特徴の1つです。小児科を受診するのは保育園に通うくらいの年頃の子が多く、内科の患者さんの平均年齢は40歳前後と、働き世代の方々が中心になりますね。どちらも、主な症状は風邪などの感染症がほとんどですが、仕事の合間や仕事帰り、お子さんを保育園にお迎えに行ったあとでも受診できるということで、地域のみなさまに喜んでいただいています。

未来ある子供たちの健康を見守っていく

診療の際には、子供たちの笑顔が見られるように、保護者の方々の不安を取り除けるように、ということを考えます。私たち大人に比べて、子供たちは素直ですからね(笑)。子供たちや保護者の方の立場になって考え、子供たちの目線で診察するというのは、いつも心がけていることです。
人の役に立ちたい。そんな気持ちから医師になって、もう20年になろうとしていますけれど、未来ある子供たちに向けて、何らかの手助けが出来ていれば嬉しく思います。

これから受診される患者さんへ

『ナビタスクリニック川崎』は「川崎駅」の改札を出てすぐ、アトレ川崎の8階で診療しています。小児科・内科・皮膚科を大きな柱に、平日は夜9時、土曜日は午後5時まで診療していますので、何かお困りのこと、気になる症状がありましたら、どうぞお気軽にご来院ください。


※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

河野 一樹 院長 MEMO

小児科専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 好きな本・愛読書:何でも読みます

グラフで見る『河野 一樹 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION