川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

宮崎 彰 院長/宮崎医院(武蔵新城駅・内科)の院長紹介ページ

宮崎 彰 院長

AKIRA MIYAZAKI

消化器から肛門までの包括的診療が強み
幅広い人脈で確実な医診連携も

千葉大病院医局で外科医として数々の執刀に当たった後、父の医院を継承
おじいちゃんからお孫さんまでを温かく見守る新城のお医者さん

宮崎 彰 院長

宮崎 彰 院長

宮崎医院

中原区/新城/武蔵新城駅

  • ●内科
  • ●小児科
  • ●外科
  • ●肛門科
  • ●消化器内科

父との連携で、40年以上地域に愛される診療所に

宮崎 彰 院長

若い頃は語学が好きでそちらを極めたくて外語大に進みたいと考えたことがありました。他方では世界経済にも興味があり経済学部への道も考えました。好奇心が旺盛だったのかもしれません。しかし結局は、開業医である父の影響が大きかったのです。第一志望で医学部を目指し、卒業後は父が専攻した外科を選択しました。メスを握って鮮やかに施術をする外科医への憧れもありました。

母校千葉大学の医局では第一外科に入局し、関連病院等で主に消化器疾患の手術を担当させていただきました。その当時外科はまだ細分化されておらず、第一外科では心臓、乳腺、甲状腺の手術も執り行っていました。結果数多くの症例を経験させていただくことになり、大きな自信につながりました。

医局に在籍していたころから当院には週1回の頻度で手伝ってはいたのですが、いよいよ父の体力が落ちてきた平成3年に後を引き継ぐ決意をし、4年に代替わりとなりました。ちょうど開業について検討しはじめていた頃でしたので、良いタイミングでした。私が院長となってからも、まだ元気なころは父に手伝ってもらっていました。自分の身体が動くうちは、できるだけ患者さんのお世話をさせていただきたかったのでしょう。医師冥利に尽きる生涯を過ごせたのだと思います。

父の開業は昭和45年前後です。老舗のクリニックとして地元の方々に愛されてきましたので、続けていくことができてよかったです。父の代からの患者さんの中には三代にわたってご来院されている方がいらっしゃいます。駅前には総合病院がありますし、新しい診療所も次々と開業しているにも関わらず、当院を選んでくださることがうれしくてなりません。

診療項目は消化器から肛門まで。患者さんの身体を包括的にチェックしています

宮崎 彰 院長

診療項目は内科、小児科、外科、肛門内科、消化器内科です。つまり口から入った食物が身体に取り込まれる入り口から出口までを総合的に診させていただくことになります。消化器というと胃腸を想像される方が多いようですが、肝臓や膵臓までも含まれます。これらの臓器は患者さんの生活習慣がもっとも反映される臓器であると言えます。生活習慣にはひとりひとりの嗜好や慣習、そしてこだわりも含まれています。それだけに、丁寧かつ細やかな問診が欠かせません。

肛門科は診療の特異性から専門領域として独立した診療所であることが多く、これに大きなメリットを感じる患者さんはいらっしゃいます。それに対し当院は一連の臓器を診察・治療できることから、医師にとっては患者さんの身体を包括的に把握できる利点が、そして患者さんには治療が1か所で済む利点があります。ふだん診察されている医師にお尻まで診られることに「恥ずかしさ」を感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし一度診察を経験して恥ずかしさがなくなってくれば、こちらは専門医としてとことん患者さんに寄り添って治療をさせていただきますので、どうぞご相談ください。急を要する病気、または専門性の高い病気であれば、総合病院や他の診療所との連携は進んでおりますので、信頼できる先生にご紹介いたします。

老舗診療所の強みを活かし、患者さんの生活をサポート

宮崎 彰 院長

先ほど申し上げました通り、昭和40年代に開業した父は約30年にわたって患者さんのお世話をさせていただいておりました。わたしに代替わりしてからも、親子三代でお見えになる方が少なくありません。必然的にそのご家庭の家系(罹患しやすい風邪や疾病の種類など)やお食事の嗜好までがわかり、そういった情報が診察の参考になることもあります。ときには専門外のご相談もありますが、家庭医として患者さんからの多様な相談にわかる範囲でアドバイスをさせていただいています。

膵臓がん早期発見への願い

長年家庭医をしておりますと、病気の発見が遅れるケースも経験し、悔しい思いをすることがあります。糖尿病で通院されていた患者さんに膵臓がんが見つかったときは、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。ずっと気がかりで記憶に残りつづけるのは、自分の力が及ばなかった患者さんです。反省と戒めから、「より多くの患者さんを救いたい」という気持ちが一層強くなります。

膵臓がんは早期診断が大変難しい病気ですが、最近早期がんを効率的に発見する検診法(バイオマーカー/国立がん研究センター)の臨床研究が一部の病院で始まったと聞きました。今後このような検査が実用化され、どこでも受けられるようになることに大きな期待を抱いています。

一方でお子さんの髄膜炎が早く見つかり、他院にご紹介して治療が成功したケースもあります。あとでお会いしましたところ、後遺症もなく順調に回復されているそうです。

健診認定医として予防医療に尽力

平成4年に院長を引き継いで以降、診察した患者さんに大きな病気が見つかるたびに、予防医療の大切さを身にしみて感じています。当院は高齢者から小さなお子さんまでさまざまな年齢層の方が来院されますので、それぞれの患者さんに寄り添ってゆっくり丁寧に耳を傾けながら、抱えていらっしゃる不調をきちんとあぶりだしていきたいですね。

また各種検査設備を整え、健康診断・がん健診の認定診療機関として日々病気の早期発見・早期治療に務めています。ショッピングアーケイドのすぐそばにある診療所ですので、お買い物がてら….などお気軽な気持ちで健診にいらしていただければ幸いです。

※上記記事は2018年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

宮崎 彰 院長 MEMO

  • 出身地:川崎市
  • 趣味・特技:ゴルフ、スポーツ観戦、(野球・スケート・競馬など)
  • 愛読書:サスペンス。特に東野圭吾
  • 好きな映画:何でも、特に歴史物
  • 好きな音楽:ポップス全般
  • 好きな場所:海

グラフで見る『宮崎 彰 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION