川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

服部 隆志 院長/はっとりファミリークリニック(高津駅・内科)の院長紹介ページ

服部 隆志 院長

HATTORI TAKASHI

患者さんと「人」と「人」として向き合い
地域のみなさまの健康を見守っていく

昭和大学医学部を卒業後、同大学藤が丘病院の消化器内科へ。大学病院や総合病院で経験を重ね、2011年に開業。

服部 隆志 院長

服部 隆志 院長

はっとりファミリークリニック

高津区/北見方/高津駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●小児科
  • ●内視鏡内科
  • ●胃腸内科
  • ●皮膚科

消化器・内視鏡を専門に研鑽を積む

服部 隆志 院長

母方の親類はみんなドクターという環境でしたが、私自身はサラリーマン家庭に育ちました。と言いますのも、開業医の家に生まれた母が「自分の子供はドクターにはしたくない」と考えて、サラリーマンの父と結婚したそうなんです(笑)。私も、はじめは水産学部か農学部に進もうと思っていたのですが、子供の頃から可愛がってくれた叔父が亡くなったことが転機になり、医師を志すようになりました。
昭和大学を卒業した後、自分の専門に消化器内科を選んだのは、内視鏡のスペシャリストと言える先生との出会いがきっかけでした。私自身、文章を読むよりも画像を見ることの方が好きだったこともあり、その後は内視鏡や消化器疾患を専門に経験を重ねていきました。

子供から大人、ご高齢の患者さんまで。ファミリーで通えるクリニック

服部 隆志 院長

『はっとりファミリークリニック』を開設するまでは、母校の昭和大学藤が丘病院、湘南にある総合病院などで診療しておりましたが、20年あまりキャリアを重ねますとどうしても、患者さんを診療する以外の業務が増えてくるものなんですね。一方で、私としては管理職的な役割を担うよりも、現場に出て患者さんの診療に携わりたいという気持ちがありました。そのため、2年の準備期間を経て、自分のクリニックを構えることを決めたのです。
私が医学生だった当時は、卒業と同時に専門分野を決めるのが一般的でした。私もその慣例にならって消化器の専門医になったわけですが、地域の中で診療していくためには、消化器だけを診ていれば良いというわけではありません。そのため、開業までの2年間は小児科や皮膚科の診療も経験し、2011年の開業を迎えることになりました。ここは、駅から少し離れた住宅地で、小さなお子さんからご高齢の方まで、幅広い年齢層の患者さんがお越しになります。そうした地域にお住まいのみなさまの健康維持・向上に、これまでに培った知識や経験が少しでもお役に立てばと考えています。

地域のみなさまの身近な場所で、専門性の高い診療をおこなう

服部 隆志 院長

来院される患者さんは、0歳児の赤ちゃんから90歳を過ぎたご高齢の方まで、年齢も性別もさまざまです。子供さんに多くみられるのは、咳や鼻水といった風邪の症状、湿疹をはじめとした皮膚トラブルなど。大人の方では、高血圧などの生活習慣病や、私の専門分野である消化器疾患をご相談いただくことが多いですね。
クリニックの名前に「ファミリー」とあるように、当院は、ご家族みなさんで安心して通っていただける、昔ながらの「町のお医者さん」という感じでしょうか。一方で、内視鏡や消化器の分野については、専門性の高い診療をおこないたいと考えています。地域のみなさまの「医療の最初の窓口」という役割を担いながらも、内視鏡やエコー(超音波)検査といった面でも頼りにしていただけるような存在でありたいですね。胃・大腸の内視鏡検査はもちろん、日帰りでのポリープ切除手術、肝臓や膵臓といった消化器全般について、町のクリニックでありながらも質の高い医療をご提供していきたいと思います。

患者さんとの信頼関係を大切に、安心の医療を提供する

医師として、自分がした治療で患者さんが良くなるのはもちろん嬉しいですが、それ以上に、「人」と「人」としてのお付き合いが続いていくことが何よりの喜びですね。湘南の病院時代のかかりつけ患者さんも続けて通院してくれて、これからも患者さんとの信頼関係を大事にしながら診療を続けていきたいと思います。
診察の際には、何でも気軽に話せるような雰囲気づくりを心がけて、時には雑談を交えながら、症状を正しく見極めるようにしています。たとえ相手が子供であっても、大人の患者さんであっても、お1人お1人の考え方や個性に合わせてお話をさせていただいて、みなさんに安心してお帰りいただけるような診察をしたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『はっとりファミリークリニック』は、「溝の口駅」「武蔵小杉駅」からバスをご利用いただくと便利です。また、クリニックの敷地内には、12台分の駐車スペースをご用意しておりますので、お車の場合はこちらをご利用ください。
クリニックを開業して7年ほど、私自身も患者さんもそれだけ年齢を重ねたことになり、ご高齢の患者さんの中には通院が難しくなった方もいらっしゃいます。そうした患者さんのご希望にお応えするため、最近では訪問診療にも対応するようになりました。外来診療と訪問診療、内視鏡検査や日帰り手術などを通して、地域のみなさまの健康を見守っていきたいと思います。何かお困りのこと、ご心配なことがございましたら、どうかお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

服部 隆志 院長 MEMO

消化器病専門医 /大腸肛門病専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ゴルフ、乗馬
  • 好きな映画:ミッション:インポッシブル
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:葉加瀬太郎
  • 好きな場所や観光地:京都

グラフで見る『服部 隆志 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION