川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

新百合ヶ丘龍クリニック(新百合ヶ丘駅・内科)の病院情報ページ

新百合ヶ丘龍クリニック

麻生区/古沢/新百合ヶ丘駅

  • 内科
  • 循環器内科
  • 婦人科
  • 訪問診療
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
お知らせ WEB
予約
電話 044-955-7231
所在地 神奈川県川崎市麻生区古沢7
最寄駅 新百合ヶ丘駅
駐車場 50台あり
WEB https://www.ryuclinic.or.jp
休診日 土曜午後・日曜・祝日
診療時間 <内科>
[月曜]8:00~12:00 15:00~19:00
[火曜~金曜]8:00~12:00 15:00~18:00
[土曜]8:00~12:00

<婦人科>
[水曜]8:00~12:00 15:00~18:00
特徴
  • ●駐車場あり
  • ●男性医師
  • ●WEB予約
  • ●内視鏡検査
  • ●CT検査
  • ●超音波検査
龍 祥之助 院長

SHONOSUKE RYU

龍 祥之助 院長

総合内科専門医 /循環器専門医

地域の皆さんの健康を預かる頼もしいクリニックであり続けたい

龍 祥之助 院長への独自インタビュー

一般的な症状に幅広く対応できる医師としてクリニックを継承

私の両親や親戚が医師で、医療従事者に囲まれて育ったので、物心がついた時には自然と医師としての道を目指していました。小学校2年生の時に、父が新百合ヶ丘に龍クリニックを開院し、子供の頃から両親がクリニックで働く姿を見て育ちました。聖マリアンナ医科大学を卒業後、「風邪など一般的によくある症状や疾患を幅広く診ることのできる医師になりたい」という思いで内科に入局、消化器・循環器・神経内科の研修を受けました。研修中、心臓や血管といった命に直結する循環器内科を専門とする医師になることを決意しました。母校の大学病院や関連病院に勤め、テキサス大学へ2年間留学する中で内科医師としての経験を積み、2011年に龍クリニックの院長に就任しました。父は東京生まれで、以前は厚木の病院で勤務しており、小田急線を利用していたことから、沿線の新百合ヶ丘での開院に至ったそうです。父は婦人科を、母は小児科を専門としており、1980年の開院と同時に内科も診療項目に取り入れました。

地域にお住いの方が必要としている診療を提供したい

現在の当院の診療項目は、内科・循環器内科及び婦人科で、風邪や高血圧などで内科にかかる方や心臓病で循環器内科にかかる方が多く、婦人科では子宮がん検診など婦人科全般の診療をおこなっています。新百合ヶ丘は新しく発展した街で、他地域から転入される若い家族も増え活性化しており、幅広い年齢層の方にお越し頂いています。なかでも、開院から長くお付き合いのある地元のご年配の方、親子代々ご家族で利用して頂いている方も多くいらっしゃいます。私が院長に就任してからは、内科は私が担当し、父が週1日内科と婦人科を診ております。現在、小児科の診療はおこなっていませんが、妻が小児科を専門としているため、いずれは地元のお子様連れのご家族にも利用して頂けるように小児科も再開したいと思っています。

続きを読む→

◆患者様の気持ちを最優先に、インフォームドコンセントにもとづく医療をご提供します◆

『新百合ヶ丘龍クリニック』は、内科・循環器内科・婦人科において代々医を業とする「病む人のために誠実な医療を」を生き甲斐に、患者様の健康にとって何が必要で、どのようにする事が患者様の幸せになるかを常に意識した診療を心がけております。

当院では、患者さんとの対話を心がけておりますので、お仕事やご家族など患者さんご自身のことを可能な範囲でお伺いし、どんなことにお困りで、どうなりたいのか、それぞれの患者さんに合う治療を提案しております。患者さんの負担を減らすためにも、不必要な検査や薬の処方はしていませんので、ご納得頂いた上で治療を受けていただけるように努めています。

より快適にご利用頂けるように、クリニック敷地内には無料の駐車場50台分を完備しておりますので、遠方からの患者さんにも足を運んでいただきたいと思っています。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

麻生区古沢7

新百合ヶ丘駅

新百合ヶ丘駅北口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):11分37秒

グラフで見る『龍 祥之助 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より