川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

加藤 英治 院長

HIDEHARU KATO

理学療法士によるリハビリを重視、大学病院とも連携し、患者さんに合わせた診療をおこなう

日本医科大学卒業後、昭和大学藤が丘病院整形外科に入局。大学病院・各関連病院に勤務。稲田堤メディカルクリニックの副院長職を経て、2014年、かとう整形外科を開院(小田急小田原線「柿生駅」北口より徒歩1分)。

加藤 英治 院長

加藤 英治 院長

かとう整形外科

麻生区/上麻生/柿生駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科

手先の器用さを活かし、憧れていた医療の世界へ

加藤 英治 院長

私はもともと子どものころから手先を使うことが好きでした。手先の器用さを活かしたいと考え、一度工学系の大学に入ったのですが、どうしても医師になりたい気持ちが強く転身。医師への道を目指しました。親や兄弟など周囲には病気で医療機関のお世話になる人が多く、医療の道に憧れをもっていたのが医師を目指したきっかけでしょうね。
最初は内科を目指していたのですが、研修でさまざまな診療科に触れるうちに外科系を目指そうと考えるようになりました。人工関節など機器を使用した最新の医療を目にしたことにも衝撃を受け、最終的に整形外科を専門に選びました。大学卒業後は昭和大学藤が丘病院の整形外科に入局。大学病院のほか、麻生総合病院を始め、各関連病院で診療から手術まで幅広い研鑽を積みました。その後知人の紹介で稲田堤メディカルクリニックの副院長を経験し、2014年、かとう整形外科を開院いたしました(小田急小田原線「柿生駅」北口より徒歩1分)。

駅から徒歩1分、大学病院や総合病院とも連携

加藤 英治 院長

当院の診療科目は整形外科全般とリハビリテーション科です。患者さんは近隣から通われる方がほとんどで、駅に近いため沿線から電車で来てくださる方も多いですね。年代としては40・50代の方が中心ですが、お子さんも受診されるため、患者さんの平均年齢は比較的低めです。お子さんは外傷やテニス、野球で体を痛めるなどのスポーツ障害が多く、40・50代の方は腰痛や肩の症状が、ご高齢の方は肩・腰に加え膝の症状が多くなります。骨粗しょう症の方も増えてくるため、骨密度測定器も導入しています。
柿生は勤務医時代に勤めていた麻生病院が近く、なじみがある場所であり、近隣に大学病院もあるので連携が取りやすいことで開院の場所として選びました。近隣の病院とは入院や手術が必要な患者さんを紹介したり、逆にリハビリが必要な患者さんをご紹介いただいています。これまでの診療や手術の経験を活かし、顔が見える関係を築けていると思います。患者さんに合わせた治療方法を提案することができますので、ご安心ください。

理学療法によるリハビリテーションに力を入れる

加藤 英治 院長

当院では電気や機器を使用したリハビリテーションの物理学療法と、理学療法士による姿勢指導、関節可動域訓練、筋力強化などの運動療法の両方をおこなっています。今後は運動を用いた理学療法をさらに充実させていきたいと考えています。というのも、電機など機器のみを用いた治療はどこでも受けることができますが、運動を用いた治療を実施しているクリニックはそれほど多くありません。運動療法では骨盤や足のつき方など身体の各所を診た上で姿勢の矯正など、生活スタイルに合わせたオーダーメイドの治療をおこなえるのです。患者さんから「姿勢が原因だったんですね。良く分かりました」「不具合があった所が軽く感じます」といった声をいただくこともり、満足度も高いと感じています。

患者さんに合わせた正確・的確な診療をおこなう

当院では、治療のご説明から診断と治療まで診療全般において、患者さん1人ひとりに合わせた正確・的確な診療を心がけています。的確な診断のために骨粗しょう症には、骨の強度を腰椎・大腿骨で計測する精度の高いDEXA法を用いた機器を、肉離れや軟部腫瘍の診断にはエコー装置を使用。診断や治療のご説明では目で見て分かることを重視しており、画像なども使用し納得してもらえる説明をおこなっています。例えばバネ指や肉離れ、打撲による筋肉内血腫といった症例などでは、良いほうと比べて見せることで患者さんは納得してくださいます。また、エコー装置は治療にも活用しており、関節内注射・筋膜リリース、腱鞘炎に対して筋肉や腱の様子をリアルタイムで患者さんと一緒に見ながら治療をおこないます。丁寧な診療を心がけているためか、最近では続けて通ってくださる方や、お知り合いの方やご家族を連れて来てくださる方も増え、患者さんからの信頼度が上がっていると感じますね。

これから受診される患者さんへ

痛みはぎりぎりまで我慢してしまうと、かえって治りが悪くなってしまいますので、我慢せずに気軽に受診していただければと思います。痛みの種類や強さは病気によりさまざまですが、受診いただくことで安心材料にもなります。いつもと違うと感じた時点で診察を受けることをおすすめします。
特に回復を目指した運動器リハビリテーションではほかに負けないレベルの治療を提供できると思います。リハビリテーション以外は予約不要です。いつでもお気軽にご相談ください。

※上記記事は2019年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

加藤 英治 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スポーツ観戦、釣り
  • 好きな本:『モモ』(ミヒャエル・エンデ)
  • 好きな映画:『E.T.』
  • 好きな言葉・座右の銘:丁寧
  • 好きな音楽・アーティスト:邦楽(サザンオールスターズなど)
  • 好きな観光地:軽井沢、三浦

グラフで見る『加藤 英治 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION