川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

松浦 健太郎 院長/百合が丘すみれクリニック(百合ヶ丘駅・内科)の院長紹介ページ

松浦 健太郎 院長

KENTARO MATSUURA

最後まで責任をもって地域の方の健康を守りたい

聖マリアンナ医科大学及び大学院卒業。同大学の内科に入局、血液腫瘍内科の医長を務める。柿生記念病院や知人のクリニックにて、内科・耳鼻咽喉科・皮フ科・小児科の経験を積む。2015年、読売ランド前駅徒歩15分の立地に百合ヶ丘すみれクリニックを開院、院長に就任。

松浦 健太郎 院長

松浦 健太郎 院長

百合が丘すみれクリニック

麻生区/細山/百合ヶ丘駅

  • ●内科
  • ●呼吸器内科
  • ●アレルギー科
  • ●小児耳鼻咽喉科

地域に根付くクリニックを目指して開院

松浦 健太郎 院長

幼少期は体が弱く病院にお世話になったことと、両親が共に歯科医師だったことが影響して、子供の頃から将来は自分も医師として働きたいと思うようになりました。大学は聖マリアンナ医科大学に進み、大学院卒業後は第3内科へ入局し、血液腫瘍内科では白血病など難しい病気の症例にも触れ、医長を務めました。その後、柿生記念病院、森の里病院では内科医師としての経験を積み、内科以外では耳鼻咽喉科、小児科、皮膚科の専門性を高め、より総合的に診ることのできるクリニックを作りたいという思いから、2015年に麻生区細山に百合ヶ丘すみれクリニックを開院しました。こちらでの開院は、大学時代からお世話になっている医師からの紹介が決め手になり、百合ヶ丘メディカルハウスさゆり(住宅型有料老人ホーム)の1階が当クリニックになります。

一般的によくある症状を幅広く対応できる診療項目

松浦 健太郎 院長

当院では内科、呼吸器内科、アレルギー科、小児耳鼻咽喉科の診療をおこなっております。お越し頂いている患者さんの年齢層は幅広く、産まれたての赤ちゃんからご年配の方までいらっしゃいます。一般的な疾患に多い風邪、気管支炎などの呼吸器疾患、花粉症・じんましんなどのアレルギー疾患など、高血圧・糖尿病などの生活習慣病、胃痛・腹痛・下痢などの消化器疾患、副鼻腔炎などの耳鼻科疾患など、様々な症状の方にご利用頂いています。その他には、生後2か月からの小児ワクチン、インフルエンザの予防接種、禁煙外来、美肌・血行改善・不眠改善などの効果が高いプラセンタ注射、疲労回復に有効なニンニク注射もおこなっております。また、来院が難しくなったご年配の方への往診をしております。当院で治療が難しい疾患が見つかった場合は、信頼できる近くのクリニックや、病診連携をとっている新百合ヶ丘総合病院、川崎市立多摩病院をご紹介しています。

多種多様な診療機器を導入、患者さんの要望に応えたい

松浦 健太郎 院長

患者さんと総合的に長くお付き合いできる内科医師としての仕事は、自分の性格にも合っていると思います。極端な言い方ですが「生まれてから死ぬまで面倒をみたい」、そんな思いで日々患者さんと向き合っています。専門分野は異なりますが、患者さんに頼られる・好かれる医師としての両親の姿を見てきたので、自分もそうありたいと思います。病院やクリニックでの経験を経て、より地域に密着した家族的な、親子二代、三代、四代までも安心して通って頂けるクリニックとして努力し続けたいと思っています。治療を受けていたお子様が元気になって通院しなくなるのを寂しく感じたりもしますが、その後来院したときに、兄弟が増えていたり、身長が伸びていたりと、地域の「かかりつけ医」として子供の成長を見守れることを嬉しく思います。当院では、なるべく多くの症状に対応できるよう、クリニックの規模的には多過ぎるくらいの機器を取り揃えています。例えば、風邪などによる鼻や喉の炎症を抑えるため、超音波により薬剤を細かく霧状にして放出し吸入するネブライザーを導入していますし、鼻の奥や喉の奥の状態を確認するためのファイバースコープは大人用と子供用どちらも揃っています。皮膚の疾患に関しては、顕微鏡による水虫の検査や、イボ・水イボの液体窒素による治療もおこなっています。当院では、内科・小児科・耳鼻科の要素を抑えていますので、症状に応じてクリニックをかえることなく受診して頂けます。

女性医師による診療も

当院には呼吸器内科を専門とする女性医師も常勤しています。女性の患者さんやお子様によっては、女性医師の方が安心して受診できるということもあり、逆に男性の患者さんにとっては、男性医師の方が恥ずかしくないという場合もあり、それぞれの患者さんのご要望に応えられるよう臨機応変に対応しておりますので、安心してスタッフにお伝え下さい。また、私としても、クリニックにもう1人頼れる医師がいるというのは大変心強く、困ったことがあればお互い支え合いながら診療をおこなえるという点でも、当院になくてはならない大切なパートナーです。

これから受診される患者さんへ

最近では、大人も子供も、喘息などのアレルギー性の疾患が増えています。当院ではアレルゲン免疫療法(スギやダニによるアレルギーの舌下免疫療法)もおこなっていますので、症状を感じるなどの違和感があれば迷わずにお越し頂ければと思います。日々の生活においては、糖尿病など生活習慣病を引き起こさないために、食生活を見直すなど、まずは予防をする心がけを忘れないよう、患者さんにお伝えしています。特にご年配の方は、長く元気に過ごして頂きたいので、これまで受診していた病院が遠くて通いづらいなど通院に関する悩みがありましたら、是非当院に一度お越し下さい。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

松浦 健太郎 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:舞台鑑賞
  • 好きな本:オールジャンル
  • 好きな映画:『レ・ミゼラブル』、ミュージカル映画、ディズニー作品
  • 好きな言葉:No pain,No gain(痛みなくして、得るものなし)
  • 好きな音楽:ミュージカル音楽
  • 好きな場所・観光地:横須賀のヴェルニー公園

グラフで見る『松浦 健太郎 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION