川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

大塚 征爾 院長/川崎おおつか内科・消化器内科 (川崎駅・内科)の院長紹介ページ

大塚 征爾 院長

SEIJI OTSUKA

上下内視鏡は痛みのない検査も可能
かかりつけ医として幅広い診療をおこなう

東海大学医学部卒業後、日本鋼管病院に入職。同病院内科医長、内視鏡室部長を歴任。こうかんクリニック内科系副院長、消化器内科部長を経て、2018年、川崎おおつか内科・消化器内科を開院(JR川崎駅から徒歩5分)。

大塚 征爾 院長

大塚 征爾 院長

川崎おおつか内科・消化器内科

川崎区/砂子/川崎駅

  • ●内科
  • ●消化器内科

身近な家族の闘病を目にして医療の世界を目指す

大塚 征爾 院長

子どものころ、私の母親は異型狭心症という発作が起こる病気を患っていました。母親が病気と闘う姿を見ていたことや、祖父が若くして膵臓がんで亡くなったことを知っていましたので、 医師になろうという気持ちを持ったのです。
大学へ進学後は、多くの方が苦しんでいる内科を専門にしようと決意し、当時まだこれから発展していく分野であった、内視鏡検査を学びました。卒業後は日本鋼管病院に入職。同病院内科医長、内視鏡室部長を歴任。こうかんクリニック内科系副院長、消化器内科部長を経て、2018年5月、川崎おおつか内科・消化器内科を開院いたしました(JR川崎駅から徒歩5分)。

内科から消化器の疾患、上下内視鏡検査まで対応

大塚 征爾 院長

川崎は勤務医時代から馴染みがあり、知り合いの患者さんも多い町です。地域の方に今までの医療経験を活かしたいという思いで、川崎の地を開院場所に選びました。かかりつけ医として風邪や日常の体調不良、糖尿病や高血圧、脂質異常症といった生活習慣病といった内科全般の診断と治療をおこないたいと思っています。また、消化器内科専門医としての経験を活かして胃・大腸・肝胆膵の良性疾患から悪性疾患に対しての薬物療法もおこなっていくとともに、苦痛の少ない内視鏡検査と日帰り大腸ポリープ切除術なども積極的におこなっています。
また、レントゲンや血管の状態がわかるABI、血液検査装置なども完備し、健康診断や予防接種といった予防にウエイトを置いた診療をおこなっていますので、健康に不安を抱えている方はご相談ください。

苦痛の少ない上部・下部内視鏡検査

大塚 征爾 院長

胃や食道を診察する、胃カメラと呼ばれるのが上部内視鏡、大腸を診察する、大腸カメラと呼ばれるのが下部内視鏡です。検査の時に嘔吐感を感じるなど、苦しい思いをした方も多いのではないでしょうか。 当院では胃カメラは口から入れるタイプと鼻から入れるタイプの両方を備えています。鼻から入れるタイプは細いのが特徴で、嘔吐感を感じることは少なくなっています、またどうしても抵抗があるという患者さんには、ご希望に応じて鎮静剤を使用して眠りながら治療を受けていただくことも可能です。鎮静剤を用いた検査では、眠って起きたら検査が終わってしまっていた、という方がほとんどです。皆さん苦痛の少ない方法を選ばれる方が多いですね。検査が終わった後はリカバリールームでお休みいただきます。
検査の際には画像を保存してありますので、検査後に患者さんと画像を見ながらゆっくりとご説明していきます。また検査の結果、大腸にポリープがある場合はその場で切除することができますし、胃の検査でピロリ菌が見られる場合には除去治療をすることも可能です。健康診断で便潜血があると言われた方や血便が出る方は受診をおすすめしますが、それ以外でも40代以降の方は一度内視鏡検査を受けた方が安心だと思います。
また当院では内視鏡の洗浄をしっかりとおこなっていることも大きな特徴です。誰に使ったカメラがどのように洗浄されているかという履歴も全て残していますので、安心して検査を受けていただけます。

病気の早期発見のために早めの受診を

今まで私は川崎市にある日本鋼管病院で27年間診療をしてきました。多くの患者さんを診療し、笑顔で帰っていただく様子をみることは、医師としてとても嬉しい瞬間でありました。一通りの治療を終えられた方は、入院中のことを笑って話すこともできるようになり、その後も健康を維持されるために定期的に通っていただいています。
しかし、中には症状が進行してから来院される方もおり、一進一退の治療をおこないながら病院で最期を迎える姿も数多く拝見してきました。もう少し早く病気が分かっていれば、と思ったことも少なくありません。私が医師を目指した頃と比べて、今では検査機器や薬も格段に進歩しています。特に当院でおこなっている内視鏡検査では鎮静剤を併用することで苦痛のない検査をすることが可能です。日頃から健康に留意していただき、何か異常があれば検査を受け迅速な治療につなげていただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

当院には周辺にお住まいの方を中心に、若い方からご高齢の方まで幅広い年代の方にいらしていただいています。お腹の具合が悪い、風邪を引いたなど、内科に関連したちょっとした不調で来院される方も数多くいらっしゃいます。
ささいな症状でもかまいません。体の具合が悪いけれど、どのお医者さんに行ったらいいのかわからないという方もまずはご相談ください。検査・診断の上、必要があれば大学病院や総合病院など適切な医療機関をご紹介することも可能です。また、川崎市の実施している無料検診制度にも対応していますので、 そうした制度を利用して健康維持に役立てていただければと思います。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

大塚 征爾 院長 MEMO

総合内科専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:キャンプ、ドライブ、映画鑑賞
  • 好きな本・作家:ノンフィクション物、ダン・ブラウンの小説、日本の歴史物
  • 好きな映画:007などアクション物、サスペンス物
  • 好きな言葉:心

グラフで見る『大塚 征爾 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION