川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

稲葉 雄作 副院長/稲葉医院(川崎駅・内科)の院長紹介ページ

稲葉 雄作 副院長

YUSAKU INABA

「あそこに行けば大丈夫」と思ってもらえるよう。何でも相談できる地域のかかりつけ医として。

川崎医科大学卒業。川崎社会保険病院(現:AOI国際病院)、済生会横浜市東部病院で研修医を務め。消化器外科医として長年に渡り総合新川橋病院に勤務。2018年4月より『稲葉医院』に(「京急川崎駅」より徒歩4分)。

稲葉 雄作 副院長

稲葉 雄作 副院長

稲葉医院

川崎区/砂子/川崎駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●整形外科
  • ●皮膚科
  • ●泌尿器科

1986年よりこの地で

稲葉 雄作 副院長

私の家は代々医師の家系であり、私は数えて4代目の医師ということになります。小さな頃から父(稲葉周作 院長)の背中を間近に見て育ちました。一緒に街に出ると、旧知の患者さんから挨拶を受けるのをよく目にしていましたし、これだけ頼ってもらえるのは、やりがいのある仕事に違いないと思うようになっていました。ですから、気がつけば自然と同じ道を選んでいたというのが、実際のところなのです。

2018年より父と共に診療をおこなっています。病院からこちらに戻ってくる以前、「親子だとたいてい喧嘩になるよ」と言われたものでしたが、幸い、私たちは仲良くやれています(笑)。患者さんからすると、その空気感も安心につながっているのではないでしょうか。多くの方が、父の存在があってこそいらしていただけていると感じています。その父に負けず劣らず、皆さんに頼っていただける存在にいち早くなれるよう精進していきたいですね。

困ったら稲葉医院へ。そうこれからも思っていただけるように

稲葉 雄作 副院長

当院では内科をはじめ、消化器や循環器、皮膚科や泌尿器科、婦人科に整形外科など、さまざまな症状の患者さんが来院されます。父は私と同じく消化器外科の出身ですが、当時の外科医は「なんでも診る」が当たり前の時代だったものですから、その流れを受けて幅広く診させていただいています。
例えば足の痛みであっても、内科でよいのか、それとも皮膚科なのか整形外科なのか、迷われる方は少なくないように思われます。もちろん、当院で対応できるものについては責任を持って診させていただきますし、分を越えると判断したものについては、トリアージをした上で最適な医療機関へとご紹介させていただいています。
困ったら稲葉医院へ。そう思っていただけるようこれまでやってきたつもりでおりますし、今後もそうあり続けられるようにしていきたいですね。

消化器がんの早期発見・早期治療に尽力

稲葉 雄作 副院長

専門は消化器ですので、内視鏡検査によって胃がんをはじめとした疾患を早期に発見していくことを使命として取り組んでいきたいと思っています。内視鏡検査に関しては、できる限り苦痛のないようにしていきたいですね。そのためには、麻酔もポイントですが、それ以上に細かな説明が重要です。患者さんが抱く不安を取り除けてこそ、苦痛は軽減できるのです。勤務医時代には1日に何十件という検査をこなしてまいりました。その経験をもとに、安心で安全な検査を提供していきたいと考えています。

自分の手で患者さんを治してあげられる。その点に大きな魅力を感じ、外科医となることを選択しました。ただ、これはある意味仕方のないことですけども、ある程度大きな病院におりますと、一部分しか患者さんと関われないことに一抹の寂しさを感じていました。「はじめまして」から始まり、診察から検査へと進み、もし悪いところが見つかれば手術によってそれを取り除き、その後もずっと診させていただく。私が考える理想の医師とは、そのようなものです。現在、当院での診療を中心に据えつつ、近くの総合新川橋病院で手術も担当させていただいています。最初から最後まで責任を持って診させていただく。そのような環境にいれることをとても光栄に思っています。

1人ひとりの方と誠実に向き合っていく

患者さんのお話をよく聞く、ということが大切です。お家で考えていたことも、医師を目の前ににして思っていたことの半分も言えない、ということはよくあることです。ですから、言い残したことがないよう、患者さんのお顔を見ながら、決してあせらせることのないようにお話を聞いていくことが大切と考えています。
後の方がいらっしゃるものですから、病院などではついつい、お話をコンパクトにまとめがちです。そこで話すことは、私たちにとっては、“いつも通り”のことかもしれません。ですが、その方にとっては、年に1回、あるいは一生のうちで1回のことかもしれないのです。そのことを常に忘れず、自分を戒め、目の前の患者さん1人ひとりに誠実に向き合っていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

今後、ますますご高齢の患者さんが増えていくことが予想されます。現在、当院ではおこなっていないのですけども、近い将来、訪問診療にも取り組んでいきたいと考えています。ご本人はもちろんのこと、そのご家族とも深いつながりを持てるような医院となっていきたいですね。
「困ったことがあれば稲葉医院に」。そう皆様に思っていただけるクリニックを今後も目指してまいります。お身体のことで何か心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。1人ひとりの方に寄り添い、地域のかかりつけ医として責任を持って診させていただきます。

※上記記事は2020年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

稲葉 雄作 副院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:水泳、ランニング
  • 好きな本:『生き方』(稲盛和夫)
  • 好きな映画:『ラスト サムライ』
  • 座右の銘:「一生懸命」
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな場所:海

グラフで見る『稲葉 雄作 副院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION