川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

鈴木 健吾 院長/すずき内科クリニック(向ヶ丘遊園駅・内科)の院長紹介ページ

鈴木 健吾 院長

KENGO SUZUKI

地域のかかりつけ医として総合内科診療を、
循環器・超音波専門医として専門医療も提供

聖マリアンナ医科大学卒業後、大学病院にて循環器内科医として勤務。講師・准教授、超音波センター長を務める。2018年、すずき内科クリニックを開院(向ケ丘遊園駅より徒歩1分)。

鈴木 健吾 院長

鈴木 健吾 院長

すずき内科クリニック

多摩区/登戸/向ヶ丘遊園駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●呼吸器内科
  • ●消化器内科

医学を通じて人の役に立ちたいという思いを胸に医学の道へ

鈴木 健吾 院長

父が歯科医として開業していたこともあり、漠然とですが将来は医療関係の職業に就きたいと考えていました。将来は医学で人の役に立ちたいという思いが高くなりました。高校3年生の時に祖父が入院、その時期に高校時代の恩師から聖マリアンナ医科大学への推薦入学の話をいただいたことが医師の道を目指した直接のきっかけです。いろいろな人との出会いや出来事が医師になる力になってくれたように感じています。
聖マリアンナ医科大学卒業後は大学医局に入局。循環器を専門に学び、大学病院の循環器内科で診療を行いました。重症例も何度か経験する中で、患者さんが回復する様子を目の当たりにしながら、とても治療にやりがいを感じました。自分が治療した患者さんには元気になってお帰りいただきたいという思いで大学では勤務してきました。
また、大学病院での診療を行いつつ、週一日は地域密着型病院で一般内科を診療。超音波診断についても研鑽を積み、最終的に超音波センターの責任者も務めさせていただきました。20年余り診療経験を積み重ねてまいりましたが、勤務医時代、病診連携を通じてご縁があった高橋先生の多摩ハートケアクリニックを継承することになり、2018年すずき内科クリニックとしてリニューアルオープンいたしました。これまでの経験を診療全般に活かしていきたいと考えております。

地域のかかりつけ医として内科全般の総合診療を行う

鈴木 健吾 院長

当院の診療科目は一般内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科と内科全般の診療を行っています。聖マリアンナ医科大学時代は循環器内科を中心として診療してきましたが、すずき内科クリニックは循環器だけを診るということはありません。当院の特徴の一つは総合内科専門医として内科全般の診療を行うことです。院内にはエコー、心電図、ホルター心電図、24時間血圧計可能な血圧計、レントゲン、呼吸機能検査など各種検査設備を完備。検査・診療を行った上で、専門性の高い疾患に関しては 専門領域のスペシャリストにご紹介いたします。
2018年11月の開院後、前任の高橋院長の時から引き続き通ってくださる方も多くいらっしゃいます。比較的ご高齢の患者さんが多いですが、周囲には専修大学や明治大学などのキャンパスもあり、学生の方も多くお住まいです。風邪や腹痛など、一般的な内科疾患でご相談いただく若い患者さんも増えています。今後はより内科診療全般に力を入れ、総合診療内科医、そして地域のかかりつけ医として地域医療に貢献したいと考えています。何科にかかったらいいのかわからないという方も気軽にご相談ください。

専門医の経験を活かした診療も特徴の一つ

鈴木 健吾 院長

私はこれまで循環器・超音波の専門医として診療に携わってきました。循環器疾患とは狭心症や心筋梗塞、不整脈、心不全、心臓弁膜症といった疾患です。循環器疾患には病状が重い場合もありますが、がんなどの疾患と違い急性期をしっかりと治療することで最終的に歩いて帰ることも可能なのが特徴です。
大学病院では初診外来も担当し、救急現場では集中治療室(ICU)での重症患者さんも多く経験してきています。初診から検査、手術まで全ての過程に携わってきましたので、日常の体調管理から手術や入院が必要かどうかの見極めまで幅広い診療が可能です。私は超音波専門医として大学病院の超音波検査の責任者も務めてまいりました。当院は専門性の高さを活かした診療も特徴の一つです。心臓や循環器に病気を持ちの方も安心して受診いただけます。また、私の家内が消化器内科の医師をしておりますので、将来的には消化器内科の診療も合わせて行なっていきたいと考えています。

患者さんに寄り添い、質の高い誠実な医療を提供したい

当院の基本理念は患者さんに寄り添い、質の高い誠実な診療を提供すること。患者さんに優しく対応することを診療のモットーにしています。 大学での勤務医時代は外来や当直勤務をする中で、一人の患者さんを他のドクターに引き継ぐことも少なくありませんでした。開院を決意したきっかけは主治医として最初から最後まで責任をもって診療を行いたいという思いからです。 ですから、ご来院した方は自分の家族だと思い、若い方からご高齢の方まで幅広く患者さんの側に立った診療をしていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

大学病院では救急診療などを担当していたこともあったのですが、具合が悪いのを我慢をしてしまい症状が悪化して、ひどくなってから受診される方も少なからず拝見してきました。
日常のちょっとした体調不良から、不整脈や心筋梗塞など循環器関連の専門的な診療まで行えるのが当院の特徴です。何科を受診すれば良いのか分からないという際にはご相談ください。当院は向ケ丘遊園駅から徒歩1分。通勤途中やお出かけの際に受診いただくことが可能です。大学病院では相談しづらいといったささいなことでも構いません。敷居を低くして診療をしておりますので、気になることがあれば、まずは気軽にご相談いただければと思います。

※上記記事は2018年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

鈴木 健吾 院長 MEMO

総合内科専門医 /循環器専門医

  • 出身地:宮城県
  • 趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレスなど)
  • 好きな本・作家:専門書(超音波関連)
  • 好きな映画:ドキュメント映画
  • 座右の銘・好きな言葉:誠心誠意
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:ジャズ 
  • 好きな場所:子どもと行く場所( プール、買い物など)

グラフで見る『鈴木 健吾 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION