川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

内山 崇 院長/うちやま南加瀬クリニック(新川崎駅・内科)の院長紹介ページ

内山 崇 院長

TAKASHI UCHIYAMA

地域中核病院と同等の診療・検査を提供。クリニックだからこそ可能な診療を

山梨大学医学部医学科卒業。横浜市立大学附属病院消化器内科に在籍。同内視鏡センター指導診療医を務めたのち、茅ヶ崎市立病院、公立学校共済組合関東中央病院、国立病院機構横浜医療センター(消化器内科医長)に勤務。2020年7月3日に『うちやま南加瀬クリニック』を開院(「南加瀬住宅前」バス停より徒歩2分)。

内山 崇 院長

内山 崇 院長

うちやま南加瀬クリニック

幸区/南加瀬/新川崎駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●内視鏡内科
  • ●健診・検診

1人でも多くの方の病気を早期発見し、病で苦しむ方を減らせるように

内山 崇 院長

大病を患ったわけではないのですが、子供の頃、花粉症がひどく、よく耳鼻咽喉科に通っていました。それが1つのきっかけとなり、当初は耳鼻咽喉科のお医者さんになりたいと考えたのです。ただ、研修医となり、様々な科を回っていくうちに徐々に考えが変わっていきました。特に惹かれたのが消化器内科で、胃カメラを扱わせてもらううちに非常に興味深いと感じたのです。胃がんや大腸がんは当時も、そして今も1つの社会問題になっています。この科に進むことで、その治療に携わりたいと考えたのです。

2020年7月に『うちやま南加瀬クリニック』は開院いたしました。その数年前から、地域の基幹病院で勤務するのと並行して、川崎に開業した先輩のクリニックで非常勤の医師を務めていました。大きな病院では、すでに病気が進行していて、残念ながら命が助からない方が多々おられます。地域のクリニックに拠点を置くことで、そうなる前の患者さんを見つけ、適切に対応することは大きな意義のあることと考えたのです。

苦痛のなるべく少ない内視鏡検査(胃・大腸)を実施

内山 崇 院長

開院からまださほど日が経ってないのですが、「内視鏡検査を受けたい」という方が少なからずお見えになっています。先にも申しましたように、胃がんや大腸がんを少しでも減らすべく開業したということもありますので、極力、患者さんにかかる負担の少ない検査を実施していきたいと思っています。
病院によっては、鎮静剤を使わず、使うなら入院がセットになっているところもあります。ですが、患者さんの精神的な負担も含めれば、それはやはり辛いと思うのです。クリニックでは患者さんのご希望を伺った上で、鎮静剤を適宜使用し、半ば眠りながらの検査も視野に入れています。そのため、眠りから回復するためのお部屋は広くスペースをとってあるのです。
内視鏡検査は定期的に受けていただいて意味があるもので、そのためにも苦痛がなるべく少ないことが条件となります。研修医になったばかりの頃の話ですが、当時の上司から「お前の内視鏡が辛くて患者さんが『受けたくない』となれば、それはその人にとって非常に不利益になる。だからこそ、苦痛がないよう最大限の努力をしなさい」との教えを受けました。本当にその通りだと思うのです。そのためにも、土曜日の検査を含めた選択肢を多く提供し、可能な限り苦痛の少ない検査を実施できればと思っています。

地域のかかりつけ医として、広く診ていきたい

内山 崇 院長

消化器のみならず、一般内科に関することも幅広く診ていきたいと考えています。いわゆる迅速血液検査のシステムはそのためのものであり、肺炎等で緊急搬送しなければならない人を見極めるために必要なものです。
大きな病院では、例えば糖尿病のお薬1つでも「別の科に行ってください」となるのは、決して珍しいことではありませんでした。2つ3つのクリニックを並行して受診されるのは、患者さんの負担を考えてもあまり好ましいことではないと思うんですね。無論のこと、私の技量を越えると判断した場合にはすみやかに適切な医療機関へとご紹介させていただきますが、身体のあらゆるお悩みの入り口としての役割を果たせていければと思っています。

患者さんの気持ちに寄り添える診療を心がけて

その方が何をどう希望されているのかを早くに気づいてあげられるようにしたいものです。検査についても、必要と思われる方には推奨しますけれど、かといって無理強いをすることはできません。やはり、なぜこの措置が必要なのかをその人のニーズを汲み取った上で、わかりやすくご説明していくことが大切と考えています。
そのお時間を十分にとる意味も兼ねて、クリニックでは順番予約のシステムを導入しています。「密」をできる限り避けられるよう配慮しつつ、患者さんが思いの丈をすべて話していただける環境を整えていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

普段もしかりですが、健康診断等で気になる結果を指摘された時には、どうぞお気軽にご相談ください。経過を見て大丈夫なものはそうお伝えしますし、病気でないなら、それに越したことはありませんからね。ただ、私の専門とする消化器では、胆のうや膵臓がそうですが、病院に駆け込んで来られた時にはすでに進行してしまっている状態が少なくないのです。少しでも早く適切な治療を受けることで、難しい予後の病気も、その結果は確実に変わってきますので、不調があればなるべく早く医療機関を受診されることをお勧めします。
当クリニックは「内科・内視鏡内科」と標榜させていただいておりますが、内視鏡だけに特化しているわけではありません。高血圧等、生活習慣病ももちろん拝見させていただいておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2020年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

内山 崇 院長 MEMO

総合内科専門医 /消化器病専門医 /肝臓専門医 /消化器内視鏡専門医 /超音波専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:スポーツ(バスケット、ランニング)
  • 好きな本:『スラムダンク』
  • 好きな映画:ジブリ映画
  • 座右の銘:「石の上にも三年」
  • 好きなアーティスト:Mr.Children
  • 好きな観光地:北海道、沖縄県

グラフで見る『内山 崇 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION