川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

五十嵐 豪 院長

SUGURU IGARASHI

産婦人科専門医であり、女性ヘルスケア専門医。豊富な知識と経験をいかして、女性の美と健康をサポート

聖マリアンナ医科大学を卒業後、産婦人科を専門に研鑽を積む。母校の大学病院で18年にわたって経験を重ね、「南生田医療モール」にて開業。

五十嵐 豪 院長

五十嵐 豪 院長

五十嵐レディースクリニック

多摩区/南生田/生田駅

  • ●産科
  • ●婦人科

赤ちゃんとお母さんを支える産婦人科専門医として

五十嵐 豪 院長

父が医師をしておりましたので、私は父の背中を見ながら育ったという感じです。と言いましても、はじめから医師を目指していたわけではなく、高校2年生までは文系でした。実は、血を見るのがダメだったものですから、「医師にはなれない」と思っていたんです。ところがある時、道端にカエルが押し潰されているのを見つけて、「もしかして大丈夫かもしれない」と(笑)。今思えば、「医師になりたい」という自分の気持ちを誤魔化していただけなのかもしれません。高2の途中から理系に転じて、聖マリアンナ医科大学に進学しました。
私が専門としている産婦人科は、大学5年生から始まった実習で、最初に回った診療科でした。私としては、内科医だった父を見習い、「死に直面している患者さんを救いたい」との気持ちで救命救急を志望していたのですが、産婦人科の先輩方にそれは熱心に誘っていただきまして。最終的に、自分の技術によって赤ちゃんとお母さんを2人同時に助けられること、患者さんに「また来てくださいね」と言える唯一の診療科であることに魅力を感じ、産婦人科医になることを決めました。

大学病院で培ったスキルを踏まえて、地域に根ざした診療を

五十嵐 豪 院長

聖マリアンナ医科大学を卒業した後は、そのまま母校の産婦人科に籍を置き、研鑽を積みました。振り返れば18年間、分娩や夜間救急に携わりながら産科病棟を守り、外来診療では女性医学を専門に、更年期や生理不順などのお悩みを伺ってきました。女性特有の症状に対応するほか、不妊治療や内視鏡といったスキルも身につけ、がん治療以外のことはひと通り経験してきたという感じです。そうして日々の診療にあたるなか、とくに更年期といわれる40代以降の女性から多く寄せられたのが「美容」にまつわるお悩みでした。年齢を重ねる中での外見的な変化に対して、何らかのアプローチができないものか。目の前にいる患者さんのために力を尽くしたいと思っても、高度な医療をおこなう大学病院では難しい部分がありました。そのため、自分の理想とする医療といいますか、自分がやりたいと思える診療を実践していくために、自分のクリニックを開こうと決めたのです。
『五十嵐レディースクリニック』の開業は、2020年7月でした。聖マリアンナ医科大学OBの1人として大学病院をバックアップするとともに、スムーズな病診連携ができるようにと考え、大学病院からも近いこの場所での開業となりました。これからこの地域に根をおろして、女性のみなさんの美と健康を守り、すこやかな生活を支えていきたいと考えています。

豊富な知識と経験をいかして、女性の美と健康をサポート

五十嵐 豪 院長

『五十嵐レディースクリニック』では、更年期や生理にまつわるお悩みをご相談いただく女性ヘルスケアを中心に、妊婦健診やがん検診などに幅広く対応しています。残念ながらクリニックでは分娩に対応しておりませんが、出産後の母乳トラブルなどにも対応できるよう、助産師による乳房外来を設けて育児相談なども承っています。生理が始まる思春期のころから産前・産後、更年期に至るまで、長いお付き合いをさせていただければと思っています。
こうした医療面に加えて美容のお悩みにも対応できることが当院の強みであり、私がクリニックを開いた目的でもあります。これまで長く大学病院で診療にあたってきて、保険診療の限界を感じる場面も少なくありませんでした。病気を治す治療から一歩進んだ医療をご提供したいと考えても、残念ながら保険診療でそれを叶えることはできません。しかしながら、このクリニックではフォトフェイシャルをはじめとした施術メニューやサプリメント、注射や点滴療法など、さまざまな方法をご提案することができます。産婦人科の枠を超えて、女性のみなさんの元気やきれいをサポートできること、それが開業医になって一番うれしいことですね(笑)。

患者さんとのコミュニケーションを大切に、確かな信頼関係を築きたい

診察の際に心がけるのは、患者さんのお話をよくお聞きするということです。病気のことや治療方法についてはもちろん、何気ない世間話を通して積極的にコミュニケーションを取りたいと思っています。もしも、ご家庭でペットを飼っているならペットのことを話題にしたり、お子さんやお孫さんについて伺ったりするでしょう。そうしてまた次にいらしたときに、「あの後どうしました?」といったお話をする。そんな風に、1つ1つ積み重ねながら、確かな信頼関係を築いていきたいですね。
時に女性は、奥さんとしてお母さんとして家族を迎えることでしょう。仕事や学校を終えて家に帰り着いたとき、「おかえりなさい」という元気な声を聞くことができたら、きっと家族はみんな嬉しいはずですし、元気が出ると思うんです。だからこそ私は、そうした当たり前の幸せがずっと続いていくように、女性のみなさんの元気を応援していきたいと思います。更年期や生理前のイライラを解消して、いつまでも若々しく美しくいていただくために。さまざまなお悩みを解決できる方法をいくつもご用意しておりますので、ぜひお気軽にご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『五十嵐レディースクリニック』は、「南生田医療モール」の1階で診療しています。
産婦人科を受診するのは、何となく敷居が高いイメージがあるかと思います。しかし、生理痛や更年期特有の症状に悩まされ、ご自分のやりたいことが出来ないようでは残念すぎますよね。私は、女性ヘルスケアの専門医として、みなさまが毎日を元気に過ごせるようにサポートしたいと思っています。そして、もしもより高度な医療が必要な場合には、聖マリアンナ医科大学病院などと連携しながら、お一人お一人に適した治療をおこないたいと思います。どうかあまり緊張なさらずに、まずはお困りのこと・お悩みのことをご相談にいらしてください。

※上記記事は2020年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

五十嵐 豪 院長 MEMO

産婦人科専門医

  • 出身地:神奈川県小田原市
  • 趣味:トレーニング、旅行
  • 好きな本:沢木耕太郎『深夜特急』
  • 好きな映画:LEON
  • 好きな言葉・座右の銘:「今を生きる」
  • 好きなアーティスト:B'z、Mr.Children
  • 好きな観光地:イタリア ローマ

グラフで見る『五十嵐 豪 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

五十嵐レディースクリニック

多摩区/南生田/生田駅

  • ●産科
  • ●婦人科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩ルート
医師の声 患者の声 PR WEB予約 オンライン
診療