川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

岸本 厚子 院長

ATSUKO KISHIMOTO

健康維持から女性特有のお悩みまで、幅広く対応できるクリニック

昭和大学医学部卒業。別の職業に憧れた時期もあったが、医学の道が「合っている」と実感して医師を志した。大学病院の勤務を経て感じた「もっと自分の患者さんに貢献したい」という思いを実現するべく開業に至り、総合内科という「なんでも屋」に特化した幅広い診療を提供。「女性」にフォーカスした婦人科医師とタッグを組み、あらゆる患者さんの健康に寄り添うクリニックを目指す。クリニック名の「あかり」は自身の体験から命名。

岸本 厚子 院長

岸本 厚子 院長

あかりクリニック

多摩区/登戸/向ヶ丘遊園駅

  • ●内科
  • ●婦人科

幅広い診療を多くの方に提供「総合内科」だからできることを

岸本 厚子 院長

地域の基幹病院で研修し、大学病院や在宅医療など、一般診療から先端医療まで幅広い医療に触れ、いろんな患者さんやご家族に会いました。研修医の時から、上司から患者さんまで、医師として育ててもらったという自覚があります。その中で感じたことは、もっと、生活に関わって、個人の生活という部分に関わっていきたいということでした。

内科の診療範囲は広いのですが、細分化されていて、それぞれに専門医というスペシャリストがいるのです。大学病院で研修した際には、実験や研究を目の当たりにして、「専門家」という人がどういう人か理解することができました。同時に自分は専門家にはなれないな、研修を受けた病院の先生方のように、いろんな疾患を診られるようになりたいなと考えていました。

もともと開業を考えていたわけではなかったのですが、開業医であった父が生前やっていたことを聞いたこと、非常勤で入った婦人科のクリニックの院長先生の、科にしばられない診療姿勢が素晴らしく、それらに感銘を受けました。それから、自分の患者さんに対してもっと貢献できるようにと考えるようになって、自分のやりたい医療ができるようにという思いで、開業することになりました。

クリニック名の「あかり」というのは、震災のときの体験からつけたものです。被災したわけではないので、おこがましいかもしれませんが、真っ暗になった街に少しずつ光が戻ってきた時にとてもホッとしたんです。阪神大震災のあとも、友達が言ってたなあと。その時の気持ちがとても印象にのこっていて、あたたかな灯をとも場所の一つになれたらという思いを込めました。

「なんでも屋」にこだわり、一人の患者さんに責任をもって総合的に診る

岸本 厚子 院長

総合内科の診療は広く浅くです。時には必要な医療が受けられる場所へ紹介する窓口になることも大事な役割です。いつ、どこにお願いするのかというタイミングをみて、その患者さんにとって一番良い方法で治療ができるように考えます。

内視鏡や乳がん検診など、いろいろできない部分はほかでお願いすることはどうしてもありますが、ただ、どこに紹介したとしても、結果を確認して、自分が責任をもって統括するようにしています。その紹介はそれで済んでも、そのあと必要なことがあるかもしれないからです。現状は、自分がやりたかった、自分の患者さんに貢献する医療ができるように努力している最中ですが、やっていれば扉が開いていくのを実感しています。

生活習慣病やダイエットの指導のように、生活そのものをより良くしていくお手伝いをさせていただけることが、一番大切ではないかと考えています。生活時間、食生活、睡眠時間などその人の生活習慣を伺い、その人それぞれに合ったダイエットのやり方などは、話し合っているうちに浮かんできたりします。採血結果や画像診断など医学的データに基づいた判断をしたうえで、良いアプローチができるとこちらもうれしくなります。

診察の中で心がけているのは会話です。会話をしてその方に向き合うことで、処方を使わなくてもご自身で気が付いたことで解決できることもたくさんあります。患者さんとは、相談だけでも受診していいんだと思っていただける関係性を築いていきたいので、まずは何を困ってこられたのか伺うことを心がけています。

女性のからだの変化に対応。婦人科医師があらゆる年代の女性に寄り添う

岸本 厚子 院長

総合内科として自分ができることをやっていくなかで、自分には足りないことはたくさんあるのですが、特に感じたのが、婦人科の診療です。
診療の対象として男女関係なく拝見していますが、女性の後半期は自分では処方にいたることも難しい。なので、婦人科医師と協力してこのクリニックを作ってみようと思いました。

女性の更年期に必要なホルモン療法は、その後の女性の生活の質を左右する重要な治療法だと感じています。ガンなどの病気を早期発見したりして長寿を良く生きるためにも、そのあたりにしっかりと対応できる婦人科の専門医に一緒に関わっていただき、気軽に相談できる窓口でありたいと思っています。

小さなことでもまずはご相談を。気軽に寄れる街のクリニック

今後はちょっとしたことでも気になることがあれば気軽に来ていただいて、来てくださった方の問題が、ちょっと軽くなっていくようなクリニックを目指していきたいです。とりあえず相談にいってみよう、というような場所、地域に根差した場所にしたいと思います。

これから受診される患者様へ

当院は小田急線「向ヶ丘遊園」駅から徒歩約2分、「登戸」駅からは徒歩約7分の場所にあります。駅前ですが、比較的落ちついた場所にあるビルの1階で、気軽にお越しいただけるようなクリニックを目指して開院しました。近隣にはパーキングもありますのでお車でもお越しいただけます。

穏やかな雰囲気の院内は、白を基調に「あかり」をイメージしたオレンジ色を取り入れたくつろげる空間になりました。クリニック全体で、温かく落ち着いた雰囲気になるように工夫しています。

当院の強みはだれでもおかかりいただけること。
性別や年代を問わずおかかりいただける総合内科と、女性のからだに専門的にむきあう婦人科の医師が協力して診療にあたっています。どんなお悩みでも「とりあえず聞いてみよう」という感覚で気軽にお越しいただけたらと思っていますので、小さな不安や心配なこと、健康診断や普段の健康管理のことまで、いつでもご相談ください。

※上記記事は2022年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

岸本 厚子 院長 MEMO

  • 出身地:三重
  • 趣味&特技:ドライブ、読書、映画、卓球
  • 好きな本:村上春樹、ほしをつぐもの
  • 好きな言葉 座右の銘:視民如傷
  • 好きな場所・観光地:三重の田舎

あかりクリニック 岸本 厚子 院長に聞いた
貧血 ヒンケツ

岸本 厚子 院長

かくれ貧血に要注意!体の不調は鉄不足かも

一般的に「貧血」というと血液の中のヘモグロビンの量が少ない状態をいいます。
症状としては階段を登るのが大変になったり、走れなくなったり。あとは日中でもとにかく眠くなったり疲れやすい、元気が出ないというのも貧血時によく見られる症状ですね。健康診断等の血液検査で診断されることが多い疾患です。

栄養素の不足や、女性の場合は月経も原因となります。
治療としては生活習慣、特に食生活の改善で栄養素の不足を補ったり、主には鉄剤の内服ですね。注射で治療する場合もあります。

また、フェリチンの低下による「かくれ貧血(潜在性鉄欠乏性貧血)」という場合もありますので、検診の数値上は「様子観察」だったとしても自覚症状がある場合は受診していただければと思います。ヘモグロビンの値だけでは測れないので我慢したり放置することもありますが、症状がある場合はあまり迷わずにご相談下さい。

CLINIC INFORMATION