川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

横井 和弘 院長/新川崎歯科医院(新川崎駅・歯科)の院長紹介ページ

横井 和弘 院長

KAZUHIRO YOKOI

歯を失う原因に重きを置き、お口全体の噛み合わせを考えた治療を。

鶴見大学歯学部卒業後、勤務医として診療経験を積み、1989年、新川崎駅近くに新川崎歯科医院を開院。勉強会でインプラントと出会い、自身の診療に取り入れるため、開業医としての診療を続けながら、SJCD(臨床歯科医学)のスタディーグループに入門。同時期に母校の鶴見大学口腔外科に入局し、知識を深め、抜歯、嚢胞摘出、外傷などの施術だけでなく、インプラントの臨床経験を重ね、現在の診療に至る。

・日本顎顔面インプラント学会・日本口腔インプラント学会専門医
・日本顎咬合学会認定医・OJ正会員・日本歯科審美学会

横井 和弘 院長

横井 和弘 院長

新川崎歯科医院

幸区/新川崎/新川崎駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

インプラント、口腔外科を学び、自分らしい診療スタイルを確立

横井 和弘 院長

私の父は産婦人科医として開業をしていたので、日々診療に明け暮れる忙しい父を見て育ちました。自然と医療に触れる機会に恵まれ、自分も将来同じように医師になるのだろうと漠然と感じていましたが、医師になるということは甘いものではなく、勉強嫌いで出来があまりよくなかった自分は、高校も大学も受験浪人をし、なんとか入学することができたのが歯学部のある鶴見大学でした。中途半端な気持ちで大学生活をスタートさせたので、歯学部の勉強は自分が思っていたものとは違い、歯科医は自分に向いているとは思えませんでしたが、それまで学費など諸々支えてくれた両親の手前、歯科大学を卒業してなんとしてでも国家試験に合格しないといけないと思い必死に勉強をしました。大学卒業後は数年間勤務医として診療経験を積み、1989年、新川崎駅近くに新川崎歯科医院を開院しました。とりあえず開院はしたものの、歯科医としてのやりがいを見出せないまま4~5年が経ったある時、先輩に誘われた勉強会でインプラントに出会いました。それまでインプラントという言葉は知っていたものの、欠損があれば型をとって技工士が作った入れ歯を入れることしか能がなかったので、インプラントの核心に触れ、歯科医としてこの先も従事するのであればこれをやりたいと初めて思えました。自分の診療に取り入れるためには専門的な勉強が必要なので、SJCDという臨床歯科医学のスタディーグループに入門をし、年間コースを受け、外科の知識を深めるために母校の鶴見大学口腔外科に専科生として入局し、開業医として診療を続けながら毎週研修のために通いました。その当時は大学でもインプラントはまだポピュラーではありませんでしたが、幸いにも先輩に可愛がって頂き、口腔外科の基本である抜歯、嚢胞摘出などの施術だけでなく、インプラントの臨床経験を重ね、その間にロサンゼルスへの海外研修にも何度も参加し、現在の自分のスタイルが確立しました。2011年、新川崎駅の線路を挟んで向かいのマンションの1階に移転をし、開業から31年を迎えます。歯科という仕事に本当の意味で好意を持てなかった自分が、インプラントと出会い目覚め、そこから噛み合わせや歯周病、矯正などの知識を深め、治療後のその先のことまで考える診療に至ったことに誇りをもっています。これからも、患者さんが抱えている問題に真っ向から向き合い、自分なりのロジックで治療をおこない、患者さんに必要とされる限り診療を長く続けていきたいと思います。

医原性疾患や噛み合わせが引き起こす問題

横井 和弘 院長

昨今、インプラントは問題提起をされ、様々なメディアで取り上げられていますが、欠損した歯の代わりにインプラントを入れることが重要なのではなく、「何で歯を失ってしまったのか」という原因を突き止める診断をすることに重きを置くべきだと思っています。大切な事は、咬み合わせが悪い事が歯を失う一番の原因になるという事。『歯科の疾患=虫歯と歯周病』というのが一般の方のイメージだと思いますが、これらが歯を失う要因になっている訳ではありません。繰り返しますが、咬み合わせが悪い事で虫歯や歯周病を誘発するという事です。また医原性疾患にも原因があると考えています。医原性疾患とは、歯科医が治療に失敗したことが原因となる疾患のことで、例えば、神経を取り除く治療をした場合、その治療がきっかけとなり5~7年後に痛みなどの症状が現れることがあります。虫歯の治療や歯の根っこの治療に失敗をしても、すぐに症状が現れるわけではない上に、命に関わる病気ではないため、患者さんが泣き寝入りをするケースがほとんどです。その場しのぎで治療を終えても、全体的な噛み合わせを考えた治療でない限り、一本ずつ歯を治したところで根本的な解決には至りません。

一本の歯だけを診るのではなく、お口全体を診る診療

横井 和弘 院長

初期の頃に適切な診断と処置がどこまでできるかというのはとても大事なことで、噛み合わせが悪いと一生懸命歯磨きをしていても歯の表面の硬いエナメル質にクラックが入り、そこから虫歯菌が浸食し、象牙質を経て神経に到達します。そのため、出っ歯の方で就寝時に歯ぎしりをする癖のある方は、奥歯にクラックが入りやすく虫歯になりやすいと言えます。完治しても治療に問題があった場合、虫歯が再発を繰り返し、最終的に神経をとることで根が腐り歯が抜けてしまう、という悪循環が生まれるのです。これはインプラントにも言えることですが、歯を欠損した部分にインプラントをいれても、噛み合わせによって過大な力が加わる事や、歯ブラシがちゃんと出来ていないと歯周病になる可能性は十分にあり、高額で治療をしたインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。そうは言っても、噛む力やその他の要因など口腔環境は人それぞれ異なりますので、全ての噛み合わせの悪い人が将来的にお口の状態が悪くなるとは言えませんので、噛み合わせが悪くても、何の支障がない状態であれば、生理的に安定している状態と言えます。噛み合わせが悪い上に、虫歯の多発や歯周病の症状が見受けられる場合には、費用やお時間がかかったとしても矯正治療をおこなうことがご自身の歯を守る手段になります。患者さんによっては、費用とお時間をかけた矯正治療を望まない方もいらっしゃるので、歯科医として強要することはしませんが、就寝時に歯ぎしりを防ぐためのマウスピースを保険診療で作成し、奥歯を干渉しない状況を作ることも可能です。歯科での診療全てに言えることですが、当院では、一本一本の歯を樹に例え、お口の中を森として考えています。一本一本の樹を見るのではなく、森であるお口全体を見て正しく機能しているのかどうかを診断し治療をおこなっています。

信頼してくれる患者さんのために、自分に正直でいたい

当院は、1989年(平成元年)11月15日に、新川崎駅徒歩30秒のビル2階で、1980年開業の新川崎駅に因んで『新川崎歯科医院』と命名し開院致しました。
新駅の近くの殺風景な景色の中、不安と希望に満ち溢れた私は当時29歳。
2011年には現在地に移転し長年通って下さる方も多く感謝致しております。

現在では歯科医療を取り巻く環境もデジタル化の発展が著しく、開業当初に比べて雲泥の差があります。が、基本的な考え方、例えば咬合等においては先人たちの築き上げた理論はほとんど変わっておらず、私もそれらを大切にして行きたいと考えます。

大事な事は、患者さんの現状に対してちゃんと診断し予知性のある診療を提供したいと考えておりますが、時に、患者さんのご要望とズレてしまう事もあり困ってしまう事も多々ありますが、その場限りの治療ではなく、永続的にちゃんと咬めて良かったと言って頂ける様、お伝えする事が責務と思っております。

スタッフに対しても、医療を仕事にしている以上、チームワークやお互いの信頼関係を築き全員が同じ考えで一丸となって取り組める環境を大切にしております。

我々医療人は日々、研鑽努力が必要ですが歯科医として診療を始めて何十年経っても、
未だに大きなオペの前は緊張致します。
逆に言えばどんなに経験を重ねたとしても緊張感がなくなってしまってはいけないと思っているので、その分念入りに丁寧に下準備をし、何度も頭の中でシミュレーションをおこない、考え得る事態に対してどう対処すべきか予め全て想定をして、患者さんの治療に向き合っています。

これから受診される患者さんへ

当院では、セカンドオピニオンとしてのご利用も積極的に受け付けております。「他院での治療方針に納得がいかない」「本当にこの治療で良いのか分からない」「現在のお口の状態がどうなっているのか知りたい」など、セカンドオピニオンを求めて、石川県、滋賀県、長野県など遠方からお越しになる方もいらっしゃり、需要は増えています。セカンドオピニオンは、必ずしも別の歯科医院への乗り換えを促進させるものではなく、患者さんには複数の歯科医の意見を聞いた上で、最終的にどの歯科医に治療をしてもらいたいのか決める権利があります。歯科医と患者さんとはいえ、人と人のお付き合いになりますので、長くお付き合いのできる歯科医を見つけて頂きたいと思います。

※上記記事は2020年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

横井 和弘 院長 MEMO

  • 出身地:富山県
  • 趣味、特技:スキー、ランニング
  • 好きな本:インプラントに関する雑誌や書籍(UCLAで5万円の専門書を買うため、IDの代わりに日本の車の免許証を出して購入したのが思い出です) 
  • 尊敬する先生:順天堂大学医学部小児外科 山高篤行先生
  • 好きな音楽:嵐(娘の影響)
  • 好きな場所:自然豊富な場所

グラフで見る『横井 和弘 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION