川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

平野 由香 院長/ひらの歯科クリニック(武蔵新城駅・歯科)の院長紹介ページ

平野 由香 院長

YUKA HIRANO

「親子の予防歯科」を通して
生まれる前から老後までのお付き合いを

日本大学松戸歯学部を卒業後、東京医科歯科大学の口腔外科で研鑽を積む。その後、都内の歯科医院で10年にわたって経験を重ね、『武蔵新城駅』そばに開業。

平野 由香 院長

平野 由香 院長

ひらの歯科クリニック

中原区/上新城/武蔵新城駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

祖父や父の背中を追って、歯科医師に

平野 由香 院長

祖父も父も歯科医師という家庭に生まれて、私は4代目ということになります。80歳まで現役だった祖父とは仲が良かったですし、小さな頃から父が診療する姿を目にしてきました。ですから、私がこうして歯科医師になったのは、「2人の背中を追って」ということになるかもしれません(笑)。
大学卒業後は、東京医科歯科大学の口腔外科に在籍し、2年にわたって研鑽を積みました。その後、開業までの10年間は、都内のオフィスビル内に入る歯科医院で診療を続けてきました。そうした経験をふまえて、地域医療に貢献することができたらと思い、『ひらの歯科クリニック』の開設を決めたんです。地域に根差した診療を続けてきた祖父や父と同じように、私も地元・神奈川県で診療していきたいと考えていたのですが、嬉しいことに「武蔵新城駅」のそばにクリニックを構えることができました。

「親子の予防歯科」をテーマにした、予防型のクリニック

平野 由香 院長

女性の歯科医師が診療するクリニックということで、2010年の開業以来、地域にお住いのお子さんや保護者のみなさま、ご高齢の患者さんに至るまで、たくさんの患者さんに足を運んでいただいています。全体の半分にはならないかも知れませんが、当院の患者さんは子供の割合がとても大きいんですね。そのため、治療型から予防型のクリニックへとシフトすることによって、未来ある子供たちのお口の健康を守っていきたいと考えています。
当院では、虫歯や歯周病の治療、入れ歯やインプラントいった幅広い診療をおこなっていますが、その一方で「親子の予防歯科」を大きなテーマにしています。ママのお腹の中にいる頃から、歯の生えはじめ・生えかわり時期を見守り、12歳で大人の歯が生えそろったときにカリエスフリー(虫歯ゼロ)をめざします。院内には、カーテン越しにキッズコーナーが覗ける診療室があり、保護者の方が治療している間、子供たちは遊びながら待つことができます。また当院には、保育士資格や幼稚園教諭免許をもつスタッフが3名在籍し、必要な場合には子供たちのお世話をすることもできますので、安心してご来院いただきたいと思います。

生まれる前から老後まで、長いお付き合いをしていきたい

平野 由香 院長

最近は、お子さんの「虫歯の予防を」と来院される保護者の方も増えていますが、当院では子供だけでなく、ご一緒にいらした保護者のお口の中もチェックするようにしています。未成年の子供たちは、ご両親や生活環境から大きな影響を受けるものですから、「子供の予防は親から」というのが私たちの考え方なんです。唾液検査をして、お1人お1人にあわせた予防計画を立てて、お口のケアや歯の治療などをした履歴は、すべて患者さんごとにお作りするファイルに収めます。
妊婦さんに向けて赤ちゃんの口腔ケアについてお話することからはじまって、生まれてきた赤ちゃんのお口のケアを担当して、子供から大人へと成長する過程を見守るなかでは、思春期になって話をしてくれない時期があるかも知れませんけれど(笑)。2世代、3世代と長いお付き合いをさせていただきながら、私が担当する患者さんを最後まで責任をもって診ていきたいと思っています。地域の患者さんを地域の中で診ていくため、新たに訪問診療もスタートさせましたので、通院が難しい方、障がいのあるお子さんがいらっしゃる方など、お気軽にご相談いただければと思います。

患者さんの立場で考え、丁寧に言葉を尽くす

歯科医院を受診する最初のきっかけは、「歯が痛む」などのトラブルが多いですよね。当院でも、悪い部分を治療するのはもちろんですが、健康な歯を守るためにはどうしたら良いのかなど、みなさんに「予防」の意識を持っていただけるようなアプローチをしています。きっとみなさん、予防が大切というのはご存知だと思うのですが、「なぜ予防が大事なのか」、その理由をご存知ない方も多いのではないでしょうか。私は、この「なぜ?」という部分こそ、丁寧にお伝えしていきたいと思っています。
丁寧にお伝えする、というのは治療をするときも同じで、治療中は1つアクションを起こすごとに、患者さんに向けてご説明するようにしているんです。自分が何をされているかわからないという状態は、患者さんの恐怖感につながるものですから、今どんな治療をしていて、この次は何をしますよという感じに、1つ1つお伝えするんです。患者さんを1人の人として接するというのは、相手が大人であっても、子供であっても変わることはなく、3歳を過ぎたお子さんには、保護者の方と離れて1人で診察台に座ってもらうのが当院のスタイルです。もちろん、泣いている子を押さえつけて治療することは決してありませんけれど(笑)、お口の成長だけでなく、心と体の成長にも関わっていかれたら嬉しく思います。

これから受診される患者さんへ

『ひらの歯科クリニック』は、「武蔵新城駅」から歩いて2分ほどの場所にあります。歯科医院と言うとどうしても、痛くなって行く場所というイメージがあるかと思います。でも、健康な歯を守っていくためには、とくに症状がなくても定期的に歯科医院に足を運んでいただきたいと思います。当院では、ホワイトニングやリップエステなど、気軽にお試しいただけるメニューもご用意しておりますが、もちろん受診するクリニックは当院でなくても構いません(笑)。信頼できる「かかりつけ医」を見つけて、ぜひお口の健康を守っていただきたいと思います。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

平野 由香 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:旅行
  • 好きな本:歯学関係の専門書、口腔育成の本
  • 好きな映画:「007」「ハリー・ポッター」(韓流ドラマも…)
  • 好きなアーティスト:Heather Brown
  • 好きな場所や観光地:ハワイ、タイ

グラフで見る『平野 由香 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION