川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

森戸 弘行 院長/森戸歯科医院(生田駅・歯科)の院長紹介ページ

森戸 弘行 院長

HIROYUKI MORITO

患者さんの気持ちに沿い、お口への自己意識を高める診療を

岩手医科大学卒業後、江戸川区葛西にある大手の病院で一般歯科をはじめ幅広く診療経験を積み、分院長に就任。1985年、生田駅近くに森戸歯科医院を開院。川崎市歯科医師会役員、多摩区歯科医師会元会長としても従事。

森戸 弘行 院長

森戸 弘行 院長

森戸歯科医院

多摩区/栗谷/生田駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科

エンジニアから転向し、地域の頼れる歯科医師に

森戸 弘行 院長

群馬県館林で生まれ、3歳の時に上馬に移り住み、大学は東京理科大学工学部へ進みエンジニアとなり大企業に勤めていた時期もありましたが、内科の開業医をしていた父の影響を受け、27歳の時に岩手医科大学に入学しました。基礎医学分野への憧れがあり、物事とじっくり向きあう研究者としての生きる道に強く惹かれましたが、最終的には歯科医師として歩むことを決めました。歯科は口腔内という小さな空間で、丁寧で繊細な施術をおこなうレベルの高い技術を必要としますので、細かい作業が得意な私が面白みを感じたのも歯科医師になることを選んだ理由の一つです。卒業後は、研修をはじめ一般歯科を含む臨床に携わり、現場での診療経験だけでなく、研修や学会へも積極的に参加し勉強を続けました。江戸川区葛西にある病院の分院長として4年間務め、1985年、小田急線生田駅近くに森戸歯科医院を開院しました。開業を決意し物件を探しているタイミングで、ここのビルの立ち上げを知り、生田駅から近く、住まいからも近いことから、こちらでの開院に至りました。長い年月をかけ、地域の「かかりつけ医」として、近隣の方々へ最適な歯科医療を提供しております。また、現場における臨床だけでなく、川崎市歯科医師会の役員、多摩区歯科医師会では6年間支部長と会長を務め、多方面でお役にたてるよう尽力して参りました。

ご年配の方のお口の悩みに特化した治療も

森戸 弘行 院長

当院では地域の方やご紹介で来院される方が多く、特に50-60代の方やご年配の方への施術を中心に、働く世代の方を含め幅広くご利用頂いています。開院から長く経ちますので、当初お子様だった患者さんが大人になり、結婚や出産をして、お子様を連れて来院されることもあり、長くご利用頂き嬉しく感じています。現在では、一般歯科での診療をメインに、ウ蝕や歯周病などの治療をはじめ、義歯、予防歯科など患者さんの症状に応じて対応しております。特に、ご年配の方の入れ歯の治療が多く、お手入れや長期的なケアが簡単で取り外しのできる義歯を重視した治療をおこなっております。私自身、インプラントから義歯に変えたという経験があり、自信を持ってお勧めしています。これまでに相当数の施術をおこない、義歯に対する確かな技術と経験がありますので、安心してお越し頂きたいと思います。最近では義歯の保険診療も可能になりましたので、費用面でもご相談下さい。但し、残せる歯はなるべく抜かずに残すことが大前提ですので、当院では抜歯せずに済むための歯を残す根の治療に注力しています。他院で抜歯が必要と診断され、セカンドオピニオンでお越しになり、当院で歯を残す治療を受けられ、ご自身の歯を維持することができたという実績が多くあります。

まずは、口元を意識する習慣をつけること

森戸 弘行 院長

歯科に苦手意識をお持ちの方はまだまだ多く、当院では初診でいきなり虫歯除去などの施術をすることはしておりません。痛みがある場合は初診で応急処置的な対応をしますが、まずは口腔全体のコントロールやケアから始め、患者さん自身が自分の口元を意識する指導をし、通院に慣れてから腫れや痛みがあった部分の治療をおこなうように段階を踏んで治療に向きあって頂くよう努めています。恐怖心をもったまま治療を進めたくなく、精神的にもなるべく苦痛を感じて欲しくないので、お口の中全体の状態をみて治療を進める「全顎的な治療」をモットーにしております。その分長いスパンで治療と向き合うことになりますが、一つ一つ丁寧に治療するにはある程度の時間が必要で、患者さんの積極的な姿勢も大事です。完治後は、定期的なメンテナンスで良い状態を維持し、口腔内を管理していく意識を持ち続けることが必要で、ケアをせずに放置してしまっては、せっかく治した意味がありません。基本的なことではありますが、良質な歯磨き粉を使い、正しいブラッシングをすることが何よりも大切なことですので、一からブラッシングの指導もおこないます。また、治療やメンテナンスにおける目安として、歯周病・ウ蝕になりやすいお口の環境を確認することのできる唾液検査も取り入れています。

患者さんとの対話から始まる診療

私はもともと口下手で、人とのコミュニケーションは苦手としていましたが、開業し診療を続ける上で、患者さんとの会話は欠かすことができませんので、自己啓発のトレーニングをおこない、対話の方法を学びました。痛いかもしれない、と不安な気持ちを抱えてお越しになる方が多いので、初診の方にはお話を中心にお時間を頂いています。来られる患者さんの年齢層は幅広いので、その方の立場や職種などに応じて、お話の切り口見いだし、リラックスして頂いてから本題に入るようにしています。治療において、患者さんのご要望にお応えできないこともありますが、最大限満足して頂けるよう、コミュニケーションをとりながら施術を進めますので、ご不明な点などありましたら、気兼ねなく何でも質問して頂きたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

日本では歯科に対して前向きで積極的に考えている人はまだまだ少ないのが現状で、症状が出てから受診するスタイルが根付いていますが、アメリカやヨーロッパでは症状がなくてもケアをするために歯科に通うのが一般的です。患者さん自身の自己意識を高め、今残っている歯をどのように維持するかについて、じっくりお話をさせて頂きます。ご自分の歯で食べることが一番重要なことですので、年を重ねても食を楽しむことを続けて欲しいと思います。人間の歯には限界がありますので、むやみに硬いものを食べる必要はなく、硬いものなど無理はしないことが歯を維持することに繋がっていきます。患者さんへは栄養指導も含めて、歯や歯茎の健康を保つ為にすべきこと、口腔管理に良いとされる食物など、食育についても積極的にお伝えしていきます。

※上記記事は2018年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

森戸 弘行 院長 MEMO

  • 出身地:群馬県
  • 趣味:旅行、読書、歴史本等々
  • 好きな本:ニーチェ、亀井勝一郎など人生論を説く書物
  • 好きな音楽:クラシック、ポップス
  • 好きな場所:北海道、東北地方、北陸地方

グラフで見る『森戸 弘行 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

森戸歯科医院

多摩区/栗谷/生田駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約