川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

小川 淳 院長/小川歯科クリニック(溝の口駅・歯科)の院長紹介ページ

小川 淳 院長

OGAWA JUN

正確な診査・診断、最善の治療をおこない
みなさまのお口の健康を見守っていく

日本大学松戸歯学部を卒業後、大学院に進んで歯内療法を専門に研鑽を積む。1984年、「溝の口駅」そばに開業。

小川 淳 院長

小川 淳 院長

小川歯科クリニック

高津区/久本/溝の口駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

父と母と同じ歯科医師になり、歯内療法を専門に研鑽を積む

小川 淳 院長

父も母も歯科医師をしていました。周りの人達からも「お父さんのあとを継ぐんでしょ」と言われていましたし、当の自分も物心が付く頃から歯医者になると思っていて、小さい頃から尊敬出来る父親の仕事をずっと目にしていましたから、歯科医師となることに何のためらいもなく、自然にその道を選んでいました。

日本大学松戸歯学部を卒業し、日本大学大学院に進みました。大学院では保存治療学(歯内療法)といって、いわゆる根管治療を行う医局に所属し、治療と研究に励んでまいりました。
1984年6月4日にこの地に『小川歯科クリニック」を開院致しました。虫歯予防デーに合わせて開業しました(笑)。

正確な診査・診断をもとに、お1人お1人に最適な治療法を提案する

小川 淳 院長

実際の治療に掛かる前の診査、診断に重点を置いています。正確な診断があってこそ、最善の治療だと考えているからです。
当院ではデジタルレントゲンを使用しています。従来のアナログ方式のレントゲンと比較した場合、デジタルレントゲンは患者さんの被爆量が圧倒的に少ないという利点もございます。自然界で普通に浴びている放射線の量というものがあるのですが、デジタルレントゲンで扱う放射線の量はそれとほぼ同程度なのです。
次に挙げられる利点としてはその画像解像度の高さという部分になります。今まではっきりと見えなかった部分がしっかり視認することが出来るようになりましたし、またデジタルならではの画像処理が可能ですので、患者さんにご説明する際にも非常にわかりやすくなったと思っています。
当院では最新の機器と知識に基いて正確な診断を下し、その結果と治療の選択肢を患者さんにご提示して、その選択肢から患者さんご自身に治療を選んでいただく様にしています。
歯科医師、そして患者さん双方が納得した上で治療を進めていくというスタンスをとっております。

お口の健康を守るためには、生活習慣の見直しも大切

小川 淳 院長

頬杖をつく、唇を巻き込む、寝癖、噛みしめ。これらの生活習慣が歯列を乱し、噛み合せを悪くする原因となっていることがわかってきました。
例えば、横向きに寝てしまうと歯はどんどん、倒れていってしまいます。寝るという行為で噛み合せがずれていってしまうのです。歯列矯正での針金やゴムの力は100グラム以下でも動きますが、頭の重さは5千グラムありますので、寝る際にその重さが加わることで歯は簡単に動いてしまいます。
どんなに歯ブラシを一生懸命にやっても、どんなに歯石をキレイに取り除いても歯が失われていくという現実の根本の原因にはそうした生活習慣が関係する例が多いのです。
こうした噛み合せを悪くする癖を『態癖』と呼びますが、これを改善するには生活習慣そのものを見直すことが求められます。
頬杖などは普段から気をつけることで比較的容易に改善出来るのですが、寝癖となるとこれが難しいのです。ですが、寝始めから右下で寝るとか左下で寝始めるという方もいらっしゃいますので、そうした方はまず上を向いて寝る習慣をつけることから始めていただきます。
必要に応じて枕の材質や寝やすい姿勢などもアドバイスさせていただきますので、自分の『態癖』についてお気軽にご相談いただければと思います。

「噛むこと」は生きる源、だからこそ細心の注意を払って診療にあたる

噛むことは食べることだけでなく、脳を活性化し“生きる源”となりますので非常に重要です。
特に噛み合せの位置は全身に大きな影響を与えます。噛み合せの位置が少しズレたりするだけで、体のバランスも乱れますので、治療の際は細心の注意を必要とします。
患者さんにとって全身がリラックスした状態で噛める位置を見つけ、その位置で噛合が出来るようにすることが我々歯科医師の重要な使命の一つだと思っています。
口の中の健康は全身の健康にも直結するものです。噛み合せの重要性を皆様にご理解いただけるよう説明を尽くしていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

先に申しました通り、何気ない普段の生活習慣が噛み合わせの不具合や顎の関節にも影響を及ぼし、ひいてはそれが全身の健康にも関係してきます。
当院ではチェックシートや問診を通じて患者さんがまだご自分で気づかれていない癖を見つけ出し、歯列、噛み合せが乱れないよう、改善していく指導を積極的におこなっております。

『人に優しい』をコンセプトとして当院は診療を進めて、常に患者さんの立場になって考え、全ての方に優しくキメの細かい対応を心掛けております。
噛み合わせもそうですが、お口に関しますことで何か不安を感じられたという方はどうぞお気軽にご相談ください。皆様の健康のお役に立つべく頑張ってまいります。

※上記記事は2011年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小川 淳 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:映画鑑賞、ウエイトトレーニング
  • 好きな本・愛読書:浅田次郎
  • 好きな映画:「ニュー・シネマ パラダイス」、「マレーナ」など、ジュゼッペ・トルナトーレ監督[伊]の作品が好きです
  • 好きな言葉・座右の銘:初心忘るべからず
  • 好きな音楽・アーティスト:Mr.Children(子供の影響です)
  • 好きな場所・観光地:北海道函館、沖縄

グラフで見る『小川 淳 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION