川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― Pick UP! ―

春から初夏にかけて多い[溶連菌(ようれんきん)] 知っているとちょっと役立つヘルスケア情報を紹介。

春から初夏にかけて多い[溶連菌(ようれんきん)]

春から初夏にかけて多い[溶連菌(ようれんきん)]
溶連菌感染症が一年でもっとも患者数が増加するのは、5月中旬~6月です。

小さな赤ちゃんがかかることは少なく、幼稚園や保育園の年長児から小学校低学年くらいで流行します。
発熱・のどの痛み・腹痛・発疹・吐き気などが主な症状で、せきやくしゃみ、皮膚への接触により感染します。
風邪と同じ症状と同じものがありますので、溶連菌感染症と判別するには検査を受けないと難しい場合があるそうです。

溶連菌は感染症です。手洗い、うがい、マスクなどで予防しましょう。
それではもう少し詳しく溶連菌について解説していきます。

http://www.guide.metro.tokyo.jp/sick/youren/index.html

●溶連菌(ようれんきん)-解説-
上記は『東京こども医療ガイド』の記事を参照しています。
http://www.guide.metro.tokyo.jp/