川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

4月から不妊治療が一部保険適用に…知っておきたい助成制度 4月から不妊治療が一部保険適用に…知っておきたい助成制度
2022年4月から、不妊治療における健康保険の適用範囲が拡大され、これまで保険適用外だった人工授精・体外受精・顕微授精等で健康保険が使えるようになりました。
 
そこで今回は、不妊治療にかかる費用と、その負担を少しでも軽くするためのこれまでの助成制度、今回の保険適用で何が変わったのかなどについてご紹介します。
 
これまで人工授精や体外受精、顕微授精は健康保険が適用にならず、保険外診療、つまり自費での治療となっていました。これが、ガイドラインに沿った治療であれば、人工授精や体外受精、顕微授精であっても健康保険の適用となります。つまり、これまで1回60万円かかっていた治療であれば、3割の18万円で済む、ということになります。
 
いますぐ妊娠を望んでいる人も、そうでない人も、様々な助成制度の情報にしっかりとアンテナを張っておきましょう!
https://news.yahoo.co.jp/articles/89e5af576ede524574aaa6c78bfebb376a2a7f14?page=1
・4月で不妊治療が一部保険適用に…何がどう変わった?知っておきたい助成制度
上記は『Yahoo!ニュース』の記事を参照しています。
https://news.yahoo.co.jp/