川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

子どもの近視予防 検査でチェックして進行を抑えよう 子どもの近視予防 検査でチェックして進行を抑えよう
近視は、将来的に緑内障や黄斑変性などの重篤な疾患を発症するリスクを高めるとされています。最近では近視の低年齢化が問題になっています。病的な近視を予防するには、早めに検査を受け、進行を抑えることが重要です。
 
視力、屈折(遠視や近視の程度)、眼位(目の位置のずれ)、色覚、眼底検査といった一般的な検査だけでなく、最近では近視進行の予測や疾患リスク評価なども可能です。
 
両親のいずれかが近視が強いなど遺伝的要因が懸念される場合には早めの検査をしましょう。また、生活環境を整えることが重要です。たとえば、屋外活動の時間を増やすことは効果的です。1日2時間以上の屋外活動をすることで近視になりにくくなるとされています。
 
家の中にこもらずできるだけ外で遊ぶ時間を作るほか、タブレットやスマートフォンの使い過ぎには注意して規則正しい生活習慣を心がけましょう!
https://news.yahoo.co.jp/articles/00c17abd1ea838d08aa1ae9096454097fed22d42?page=1
・子どもの近視を予防。さまざまな検査でチェックして進行を抑える
上記は『Yahoo!ニュース』の記事を参照しています。
https://news.yahoo.co.jp/