川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

体内の水分量を守る視床下部のしくみ 体内の水分量を守る視床下部のしくみ
私たちがいつも必要な体の水分量を保つためには、水を飲むなどして失われた分を補うとともに、水分をできるだけ失わないように防ぐことが必要です。そのために中心的役割を果たしているのは、間脳の視床下部です。
わずかな体内水分量の変化でも、敏感に察知できるセンサーが視床下部に備わっています。

視床下部は、常に全身の水分量の変化を見張っていて、必要に応じて、口やのどの渇きを生じて飲水行動を生じたり、腎臓に作用して水分を捨て過ぎないようにしているのです。私たちの体がいつも水水しく保たれているのは、すべて視床下部のおかげと言えますね。

https://allabout.co.jp/gm/gc/491564/
・喉の渇きや尿の再利用…体内の水分量を守る視床下部のしくみ
上記は『All About』の記事を参照しています。
https://allabout.co.jp/