川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

よく顎が外れる場合の治療法は? よく顎が外れる場合の治療法は?
通常、大口を開けると顎の関節は外れますが、閉口すると元の位置に戻ります。
しかし、関節を支える筋肉がつったり、靱帯が緩んだりして元に戻らなくなるのが、顎が外れた状態です。(顎関節脱臼)
神経筋の異常による咀嚼筋の協調不全によって起こりますが過度の開口や打撲、顎骨骨折といった外的要因によって引き起こされるケースもあります。

顎関節脱臼と診断されると手術の前に様々な治療法を試します。
これらの治療法を試しても、口が開かない状態が慢性化したり、顎の痛みや咀嚼などが改善されない場合、手術を検討します。
顎関節脱臼を治療する手術にはいくつかありますが、たとえば「関節結節切除術」が有効です。顎関節の前方部分にある関節結節を除去する手術で、全身麻酔の手術となります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a15df1ab735785de14d37ea2ed68fc5af507d258
・よく顎が外れる…どんな治療法があるのか 手術はすべき?【名医が答える病気と体の悩み】
上記は『Yahoo!ニュース』の記事を参照しています。
https://news.yahoo.co.jp