川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

夏もマスクをつけなきゃいけない? 新型コロナ感染症と夏のマスク 夏もマスクをつけなきゃいけない? 新型コロナ感染症と夏のマスク
ウイルスや菌の飛沫感染対策に有効なマスク。今年もまだ新型コロナウイルス対策が必要なため、夏のマスク着用も全面解除とはならなそうです。しかし高温多湿な日本の夏に、マスク着用は危険も伴います。連日の暑さに、もうマスクは外したいと感じる方も少なくないでしょう。暑い季節のマスクには、マスク自体の暑苦しさや息苦しさなどの不快感によるストレスだけでなく、2つのデメリットが考えられます。
 
一つは、熱中症リスク。マスクをつけることでのどが乾燥しにくくなり、のどの乾きも感じにくくなります。熱中症による脱水が起こり始めていても、大切な最初のサインに気づけない可能性があります。
もう一つは、マスクのバリア機能の低下。体温上昇により汗も蒸発しにくくなり、マスクも湿った状態になります。空気がマスクを通りにくくなることなどからマスクのバリア機能は低下してしまい、感染予防効果自体も低下してしまいます。
 
いくら感染対策を続けたいと言っても、夏に1日中マスクをつけておくのは現実的ではありません。食事や水分補給などの必要時はもちろんですが、「人に感染させる心配がないときには外してもよい」と考えるべきです。
「人目が気になるから、とにかくマスク」ではありません。「何のためのマスクなのか」「今外しても大丈夫そうか」を適宜それぞれの場所で考え、各自が判断することが大切なのです。
 
https://allabout.co.jp/gm/gc/483837/
・夏のマスク着用はどうするのが正解?熱中症リスクと感染予防
上記は『All About』の記事を参照しています。
https://allabout.co.jp/