川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

がん治療における東洋医学 再発対策も がん治療における東洋医学 再発対策も
東洋医学ではがんを含む全ての病気の発症は、「邪気」と「正気」が戦い、正気が負けたためだと捉えています。邪気は、各病気の原因や悪化因子、正気は、健康を維持し病気から体を守る免疫力などを指します。
現在、西洋医学のがんに対する治療は、手術・抗がん剤などの化学的療法・放射線療法の3本柱であり、それらの治療は、がんという邪気を追い払うことに強く威力を発揮すると同時に、体の正気にもダメージを与えてしまい、患者さんはがん治療の副作用によって心身ともに苦痛を強いられることが多々あります。
東洋医学は西洋医学の負の部分をカバーし、がん患者さんの生活の質(QOL)および生存率の向上に大きく貢献すると考えられるようになっています。
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c2422c24106c2116f81de52e8cd86f5bfbcb116
・がん治療における東洋医学の役割は? 再発対策としても注目【東洋医学を正しく知って不調改善】
上記は『Yahoo!ニュース』の記事を参照しています。
https://news.yahoo.co.jp/