川崎ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

虫歯予防の鉄則!「ながら食べ」が危険なワケ 虫歯予防の鉄則!「ながら食べ」が危険なワケ
唾液」の力によっておこなわれる再石灰化とは、酸性環境で歯の表面から溶け出してしまったミネラルが補充されて、歯が再生されることです。それは食事と食事の間隔が長いほどしっかりと行なわれますが、再生にかかる具体的な時間は、まだしっかりとしたエビデンスがありません。

チョコレートを食べても再生までの時間をしっかり与えれば、問題は起こりませんが、食後の酸性ダブルパンチがいつまでも続くような、ジュースや甘い物、スナックなどの「だらだら食べ」は、歯に酸のダメージが蓄積されてしまいます。しかも、だらだら食べたあとに歯磨きをすると、酸によって柔らかくなっている歯を歯ブラシの毛先で傷をつけるトリプルパンチとなります。

科学的にも効果の高い虫歯予防法として、目で確認できるプラーク除去のほかに、口内の酸の影響についてもイメージすることをおすすめします。

https://allabout.co.jp/gm/gc/422964/
・虫歯予防の鉄則!チョコレートより「ながら食べ」が危険なワケ
上記は『All About』の記事を参照しています。
https://allabout.co.jp/